小学館ジュニア文庫 映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ

小学館ジュニア文庫 映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ

あいはらひろゆき

本体680円 + 税

読む

内容紹介

みーんな大好き「くまがく」が映画に!

くまのがっこうに通う、12ひきのくまのこたち。
いちばん下のくまのこが、たったひとりのおんなのこのジャッキー。

ジャッキーはおてんばでいたずらっこ。
そんなジャッキーがみんなで作ったケーキを食べてしまって家出をしたことから、ものがたりは始まります。
家出をしたジャッキーは草原で、パティシエ見習いのミンディに出会います。ミンディの家に行ってみると、そこはミンディのおばあちゃんがやっている、お菓子工房のスイーツランドでした。
ジャッキーはそこでパティシエの修行をすることになって・・・。

映画「くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ」を独占ノベライズです!
著者は、「くまのがっこう」の原作者のあいはらひろゆきさん。
本編のほか、後日談3話もジュニア文庫のために特別に書き下ろしてくださいました!
かわいいジャッキーとミンディの奮闘ぶりや、おにいちゃんたちの活躍ぶり、そして、ハラハラしたり、心温まるシーンもあって、とっても楽しめます。

“くまがく”ファンのみんなはもちろん、「あのとき、子どもに読んであげたっけ・・・」という親世代もしあわせになれること、間違いなしです!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

同じジャンルの書籍から探す

小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア) カラー名作 少年少女世界の文学 アンクル・トムの小屋 小学館ジュニア文庫 世界名作シリーズ ピーターパン 小学館ジュニア文庫 華麗なる探偵アリス&ペンギン ミステリアス・ナイト 小説 響 HIBIKI 小学館ジュニア文庫 花にけだもの 小学館ジュニア文庫 いじめ −希望の歌を歌おう− B+ LABEL Dr.とエクスタシー B+ LABEL 王子様(プリンス)に気をつけろ! マッチうりのしょうじょ 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜 B+ LABEL Dr.とアヴァンチュール カラー名作 少年少女世界の文学 ジャン・クリストフ 相棒 ―劇場版3― つるのおんがえし 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜 なぞとき遺跡発掘部 〜卑弥呼様はどちらにいますか?〜 相棒シリーズ X DAY

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  2. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ガウディ計画

    下町ロケット ガウディ計画

    池井戸潤
    本体720円+税

  4. 【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    【ガガガ文庫】出会ってひと突きで絶頂除霊! 3

    赤城大空(著)魔太郎(イラスト)
    本体611円+税

  5. 【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    【ガガガ文庫】妹さえいればいい。 10

    平坂読(著)カントク(イラスト)
    本体574円+税

次回配信の予定

2018 11/16 金曜日
  • スキャンダル ~墓場まで持っていかない話~/高部務
  • ダンデライオン/中田永一
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナンアナザー 将棋編~命がけの棋譜(バトルロード)~/青山剛昌(原作)山岸栄一(まんが)斉藤むねお(まんが)
  • 名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナンアナザー 国宝編~背中合わせの両雄(マエストロ)~/青山剛昌(原作)狛枝和生(まんが)海童博行(まんが)
  • 霧/桜木紫乃
  • 絵草紙屋万葉堂 初春の雪/篠綾子
  • 唐牛伝~敗者の戦後漂流~/佐野眞一
  • ここ過ぎて 白秋と三人の妻/瀬戸内寂聴
  • 白をつなぐ/まはら三桃
  • 仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン/横田増生
  • 砂の街路図/佐々木譲
  • 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第3話 百銃の女王(7)/片理誠(作・絵)
  • 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖80 妖刀/平谷美樹(著)本田淳(絵)
  • the座61号 人間合格(2008)/こまつ座
  • the座62号 父と暮せば(2008)/こまつ座
  • 福永武彦 電子全集2 『小説風土』、ロマンの創造。/福永武彦