P+D BOOKS 悲しみの港(上)

P+D BOOKS 悲しみの港(上)

小川国夫

本体550円 + 税

読む

内容紹介

現実と幻想の間を彷徨する若き小説家の懊悩。

「僕が故郷に漠然と期待したのは避難港だった。ところが、それどころではなかった」——。

東京から郷里の静岡県藤枝市に居を移した三十手前の小説家・及川晃一の日常的思索を描いた著者の自伝的小説の前編。

1994年、発刊時の単行本の帯には[自分はすでに難破船か、骸骨か。それでもなお試練の故郷で文学者が探し求める自我の新しい船出。現実と想像のあわいに明晰な幻視者・小川国夫が眼をそそぐ]とある。

日本人とは、市民とは、そして小説家とは何かを考え続けた、「内向の世代」の作家・小川国夫の深い懊悩が滲む秀作。朝日新聞に連載され、第5回伊藤整文学賞を受賞。

同じジャンルの書籍から探す

九十九神曼荼羅シリーズ こちら公園管理係1 砂場の王 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第3話 百銃の女王(3) 仕掛け絵本の少女 いのち短し、踊れよ男子 かすてぃら あやかしの小瓶 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ16 トンボック 骨ん中 鍼師おしゃあ 幕末海軍史逸聞 家族スクランブル 夢幻∞シリーズ つくもの厄介10 夜泣きの石 中上健次 電子全集16『中上健次 大いに語る』 教場 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖108 金属の風車 立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』 ダレン・シャン2 若きバンパイア

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/