P+D BOOKS 夜の三部作

P+D BOOKS 夜の三部作

福永武彦

本体900円 + 税

読む

内容紹介

人間の“暗黒意識”を主題にした三部作。

人間の奥深い内部で不気味に蠢き、内側からその人を突き動かそうとする“暗黒意識”を主題に書かれた『冥府』『深淵』『夜の時間』の三部作。

作家・福永武彦の死生観が滲み出た作品群だが、各ストーリーにつながりはない。

「僕は既に死んだ人間だ。これは比喩的にいうのでも、寓意的にいうのでもない。僕は既に死んだ」という書き出しで始まる『冥府』は、死後の世界を舞台にした幻想的な作品。

『深淵』は敬虔なクリスチャンの女性と、野獣のごとき本能むきだしの男との奇妙な愛を描いた物語。二人それぞれが一人称の告白体で、サスペンス的な要素も色濃い作品。

『夜の時間』は、男女の三角関係を、過去と現在の二重時間軸構造で描くロマンあふれる作品。

同じジャンルの書籍から探す

それでも彼女は歩きつづける 東京かくりよ公安局 落チル月 クラシック リバイバル 女人追憶3 かみがかり 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖104 聖の思惑 不便なコンビニ 現代の小説2022 短篇ベストコレクション 日本文藝家協会・編 柳生十兵衛死す(上)   連理の枝 おめでたい女 P+D BOOKS 親鸞 4 越後・東国の巻(上) 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 安室透セレクション ゼロの推理劇(ミステリー) ぼくたちと駐在さんの700日戦争18 三浦綾子 電子全集 石の森 戻ってきた娘 恋愛寫眞 もうひとつの物語

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/