帝国妖人伝

帝国妖人伝

伊吹亜門

本体1530円 + 税

読む

内容紹介

犯人は誰? 探偵こそ誰?

時は明治、那珂川二坊は文学で名をなさんとす。尾崎紅葉に師事すれど執筆がかなうのは小説どころか三文記事ばかり。この日も簡易食堂に足を運び、ネタを探して与太話に耳を傾けた。

どうやら昨晩、かの徳川公爵邸に盗人が入ったらしい。蓋を開ければ徳川公にも家人にもこれと云った被害はなく、盗人は逃走途中に塀から落ちて死んだという不思議な顛末。酔客らは推論を重ねるが、「そりゃ違いますやろ」という声の主、福田房次郎が語り始めたのは、あっと驚く“真相”だった(「長くなだらかな坂」)。

京都・奈良をつなぐ法螺吹峠、ナチス勃興前夜のポツダム、魔都・上海ほか、那珂川の赴く地に事件あり、妖人あり! “歴史・時代ミステリの星”伊吹亜門が放つ全5話の連作短編集——


絢爛たる謎解き秘話を通して、
〈あの人〉たちの妖人ぶりにあらためて瞠目した
——有栖川有栖(作家)

著者の本領発揮作と呼ぶに相応しい完成度
——千街晶之(ミステリ評論家)

同じジャンルの書籍から探す

ウズタマ 福を届けよ 日本橋紙問屋商い心得 長島忠義 北近江合戦心得〈二〉 色川武大・阿佐田哲也 電子全集14 阿佐田哲也 前期麻雀小説『牌の魔術師』ほか 夢幻∞シリーズ 修繕あかしの思い出巡り2 招き猫が招いたものは 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖11 慚愧の赤鬼 えんま様の忙しい49日間 三浦綾子 電子全集 嵐吹く時も(上) 汚名刑事 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖53 小豆洗い ぼくたちと駐在さんの700日戦争6 蟲愛づる姫君 虜囚の王妃は夜をしのぶ 立原正秋 電子全集5 『美について エッセイ&詩編』 P+D BOOKS 続 血涙十番勝負 新宿・夏の死 たとえば、葡萄

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/