希望という名のアナログ日記

希望という名のアナログ日記

角田光代

本体600円 + 税

読む

内容紹介

作文得意な少女は作家になる夢を追いかけた。

全三章の構成。
第一章「〈希望〉を書く」——小学生時代の作文修行から作家デビュー、数度の挫折を経て直木賞受賞までを描く半生の記に始まり、「武道館で見たくらいに小さいけれど、でも見える」という愛に満ちた長文の忌野清志郎論など。全21篇。(第一章は全体の半分を占める)
第二章「旅の時間・走るよろこび」——〈旅のエッセイ〉と見せかけて実はフィクションという見事な短篇小説「それぞれのウィーン」で幕を開け、「永遠、という美」と題したシャネルN゜5のドキュメントがつづく。そして台湾・韓国・バリ・スペインへの旅、さらには那覇マラソンと西表島マラソンの鮮やかな記録。全12篇。
第三章「まちの記憶・暮らしのカケラ」——これはUR都市機構の雑誌に連載された17篇を一挙収録。住んでいる町の素顔から東日本大震災で失われた町、そして日々の暮らしを生き生きと描いたエッセイまで。全17篇。
2012年から2019年までに書かれたエッセイの中から厳選した充実の一冊。そのなかでも冒頭に収録した半自伝は女性誌に連載された15ページに及ぶ感動的な名篇である。

※この作品は単行本版として配信されていた『希望という名のアナログ日記』の文庫本版です。

同じジャンルの書籍から探す

ツインズ twins―続・世界の終わりという名の雑貨店 小学館ジュニア文庫 ホルンペッター 戦後性風俗大系 わが女神たち 12歳の文学 2017年版 フルスウィング 明治人の姿(小学館101新書) 恋愛の発酵と腐敗について パイプのけむり選集 旅 タンタンの事件ファイル3 馬車道「斉藤さん」殺人事件 三浦光世 電子選集 青春の傷痕 地震 停電 放射能 みんなで生き抜く防災術 P+D BOOKS 小説 大逆事件 上・下巻 合本版 ポケットに物語を入れて 続・森崎書店の日々 神様の護り猫 最後の願い叶えます 田園調布のおばけ屋敷

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/