立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』

立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』

立原正秋

本体1800円 + 税

読む

内容紹介

古都鎌倉に美しく燃え上がる宿命的な愛……そして、愛欲の日々の終焉を鮮やかに映し出す『残りの雪』ほかを収録。

『残りの雪』理由も分からず失踪した夫との別れに苦しみ、無為不安の日をおくる里子は、骨董の目利き坂西と出会う。鎌倉、京都、箱根、越後……人目を忍んで逢瀬を重ねる里子と坂西。四季の移ろいと、愛の日々の中で“いびつな染付白磁”といわれた里子は“女”として目覚めていく。やがて、里子の友人で坂西の元恋人だった綾江の嫉妬による密告で、二人の仲は坂西の妻・和枝の知るところとなる。宿命の愛と知りながら、里子は坂西と別れる決心をするのだったが……。男女の宿命的な愛を鮮烈に映した“大人の小説”として、日経新聞に連載され話題を呼んだ長編小説で、鎌倉や京都などの古都を舞台に、和服や自然を通して日本の四季が美しく描写されており、作品の魅力に彩りを添えている。また家族を失い無為の生活を送る元高校教員の中年男が、教え子との束の間の愛と別れを描いた『山居記』、『夏のことぶれ』を収録。

付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 四」など関連エッセイ3作収録。「写真で辿る立原作品の世界」(3)では『残りの雪』の舞台となった鎌倉・化粧坂、源氏山公園付近と「花の寺」海蔵寺を紹介。また、立原の孫・立原継望氏撮影の「鎌倉 桜巡り」も立原が愛してやまなかった街・鎌倉の美しい春の風景を写し出している。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

三浦綾子 電子全集 嵐吹く時も(下) 緑と赤 福永武彦 電子全集16  『夢のように』、随筆の家としてII。 九十九神曼荼羅シリーズ デリヘル6 一緒にセーラー服を探して P+D BOOKS 輪廻の暦 うちの宿六が十手持ちですみません 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖83 強請(中) P+D BOOKS 私生活 あぶない刑事 9 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 天国へのカウントダウン 立原正秋 電子全集10 『美食家の横顔 エッセイII』 P+D BOOKS 公園には誰もいない・密室の惨劇 クラシック リバイバル 女人追憶1 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖27 六道の辻 国芳一門浮世絵草紙3 鬼振袖 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖29 聖塚と三童子

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/