山口瞳 電子全集17 1974〜1975年『礼儀作法入門』

山口瞳 電子全集17 1974〜1975年『礼儀作法入門』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

マナー本の名著『礼儀作法入門』、風景画を含めた紀行文『湖沼学入門』等1974〜1975年に書かれた206作品収録。

収録作品は、小説「金曜日の夜1南京豆」(「週刊朝日」1974年1月4・11日号)から、エッセイ「湖沼学入門 9 林道霜雨」(「小説現代」1975年12月号)まで、1974〜1975年に発表された小説、エッセイ等206作品を初出掲載順に収録。

山口瞳は流行作家としての多忙な日々の中、小学館から1974年6月に創刊されたばかりの、若者向けの総合雑誌男性雑誌「GORO」に、『礼儀作法入門』(連載時のタイトルは「礼儀作法」)の連載をはじめる。この連載は好評のため、1976年11月「続・礼儀作法 粋とは何か」(電子全集18回巻収録予定)まで、29回にわたって続くことになり、[マナー本]の名著として、山口の名を更に高めることとなる。

『月曜日の朝』とタイトルが対になった『金曜日の夜』は、東京郊外の街を舞台に風変わりな名前を付けられた人物たちの人間模様を描いた内容で、『月曜日の朝』、『考える人達』両作品の続編ともいえる作品。

また、この頃、山口は、風景画を描く心得を述べており、『湖沼学入門』(電子全集17回巻に第9話まで収録)と銘打った風景画を描きながらの紀行エッセイを「小説現代」で連載開始。湖や沼の岸辺でスケッチをしている老人のように、のんびりと風景画を描いてみるという趣旨で、その後の『迷惑旅行』、『新東京風景』等の画期的な紀行文学へ引き継がれていく。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(17)を寄稿。

この作品の容量は、46.6MB(校正データ時の数値)です。

同じジャンルの書籍から探す

新・教場 40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活 〜婚活して初めて気づいた、人生において大切な17のこと〜 21グラムのタイムトラベラー 砂の街路図 咎人の刻印 デッドマン・リターンズ 相性 セコンドアウト 色川武大・阿佐田哲也 電子全集2 麻雀放浪記 完全版『麻雀放浪記』(青春篇・風雲篇・激闘篇・番外篇) 浅き夢見し 死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年 栗本薫・中島梓傑作電子全集17 [JUNE I] ぼくはなにいろ 今夜、ぬか漬けスナックで それいゆ文庫 異世界とりかえばや 王女と地味子 王女の入れ替わりは突然に 〜王女、スマホを手にする〜 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖51 重陽の童(ちょうようのわらべ) 悲願花

次回配信の予定

2024 6/12 水曜日
  • 英語でDORAEMON 音声つき 3 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • ギャビーのドールハウスへようこそ!/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
  • もっと教えて!ドラえもん/藤子・F・不二雄、藤子プロ、朝日新聞社

2024 6/13 木曜日
  • バスケットボール男子日本代表の奇跡 HEROES ~Jbasket特別編集 応援MOOK~/学び編集室
  • P+D BOOKS 愛にはじまる/瀬戸内晴美
  • P+D BOOKS 断作戦/古山高麗雄
  • reShine 2024年夏号 ~いくつになってもエイジレスな私が主役~/NEWSポストセブン編集室
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/