山口瞳 電子全集20 1979〜1980年『兆治』

山口瞳 電子全集20 1979〜1980年『兆治』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

後に映画化され大いに話題を集めた小説『兆治』を始めとして、1979年10月〜1980年までに書かれた43作品収録。

収録作品は、小説『兆治』(「波」1979年10月〜1980年11月。単行本化の際に『居酒屋兆治』と改題)から、エッセイ「武蔵野写生帖9 回想の目白界隈」(「芸術新潮」1980年12月)まで、1979年10月から1980年までに発表された小説、エッセイ等43作品を初出掲載順に収録。

 『居酒屋兆治』は、連作的長篇小説として「波」に連載されたときには、単に『兆治』という題であった。この、素っ気ない題名に、山本周五郎の時代小説の世界、たとえば、「さぶ」の世界を、現代に舞台を変えて書こうという山口瞳の意気を感じないわけにはいかない。愚直なまでに、損な道を進んでしまう不器用な兆治と、なにをしても不幸を呼び込んでしまうさよ、兆治に陰険な仕打ちをしたがる上司など、舞台を江戸時代の下町に変えると、このまま、山本周五郎の時代小説の世界になるのである。『兆治』を原作として、昭和の大スター・高倉健が主演した映画『居酒屋兆治』が、1983年に公開される。この映画では、舞台は北海道の函館に変えられ、それに伴って、兆治が辞めた会社が造船会社、さよが働いていたキャバレーがある旭町が、ススキノに変わっていた。

 画文の紀行文『武蔵野写生帖』は、美術専門誌の「芸術新潮」(新潮社発行)に連載された。いつもの旅で相棒であったドスト氏の同行はなく、これまでの、絵と会話を楽しむ旅行とは違った印象の画文紀行文で、20巻、21巻の2巻に分けて全編を収録する。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(20)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

鴨川食堂おかわり 神様の護り猫 最後の願い叶えます シンプル・カオス 2 新装版 武装島田倉庫 アルテミスの涙 ロスねこ日記 それでも彼女は歩きつづける 女の名前 置き去りのふたり あやかしの小瓶 六条御息所 源氏がたり 上 ラーメンにシャンデリア へんぶつ侍、江戸を走る いのちのギフト〜犬たちと私から送る勇気のエール〜 潜伏 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第1話 冒険探偵(2)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 9/29 水曜日
  • 湖の中のレイチェル/K.R.アレグザンダー、金原瑞人、小松かほ
  • コロナと漫画 ~7人の漫画家が語るパンデミックと創作~/島田一志

2021 9/30 木曜日
  • 池上彰の世界の見方 中国 ~巨龍に振り回される世界~/池上彰
  • コロナとワクチンの全貌(小学館新書)/小林よしのり、井上正康
  • 無知の死 ~これを理解すれば「善き死」につながる~(小学館新書)/島田裕巳
  • やくざ映画入門(小学館新書)/春日太一

2021 10/1 金曜日
  • 齋藤 孝の音読破 1 坊っちゃん/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 2 走れメロス/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 3 銀河鉄道の夜/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 4 五重塔/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 5 山月記/齋藤孝
  • 齋藤 孝の音読破 6 羅生門/齋藤孝
  • エゴイスト/高山真
  • やりたいことが見つからない君へ(小学館YouthBooks)/坪田信貴
  • 仮面ライダー特写魂 仮面ライダーブレイズ/川上裕生