山口瞳 電子全集25 1989〜1992年『旅する人よ』

山口瞳 電子全集25 1989〜1992年『旅する人よ』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

小説“絶筆”宣言後、エッセイ『行きつけの店』を始め、1989〜1992年に書かれた69作品収録。

1989年〜1992年の4年間、小説はなく、1963年から連載中のエッセイ「男性自身」は1989年11月20日初出の「還暦」から、
1994年1月20日初出の「大団円」まで、日記体形式で日々の身辺雑記を、多くの作家仲間との別れを、昭和から平成へと時が移ろう中、
淡々と綴っていくのであった。

特に、1990年5月3日、作家・池波正太郎が逝去する。敬愛する先輩作家の死に際し、千日谷の斎場で執り行われた告別式で、
山口瞳は弔辞「旅する人よ」を献じた。

ライフワークともなっていた『行きつけの店』も、1992年8月「サントリークオータリー」40号に収録された
「国立・谷保の文蔵のモツ焼キ」の回が全23回の最終話となる。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(23)を寄稿。
また特別付録として国立の山口邸「変奇館」内部を貴重な特別撮影写真で紹介する。

※この作品にはカラー画像が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 辻音楽師の唄 〜もう一つの太宰治伝〜 栗本薫・中島梓傑作電子全集14 [六道ヶ辻 I] チーム!下 鐘を鳴らす子供たち 九死一生 三浦綾子 電子全集 病めるときも あなたの明かりが消えること 女優は泣かない クラシック リバイバル 女人追憶2 P+D BOOKS 単純な生活 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖75 祈りの滝 国芳一門浮世絵草紙3 鬼振袖 警視庁レッドリスト 2 九十九神曼荼羅シリーズ タイムレス・カプセル 泣きながら、呼んだ人 P+D BOOKS 幼年時代・性に眼覚める頃

次回配信の予定

2024 7/24 水曜日
  • オバちゃんオジさんがキレやすいのは 昭和のICチップのせいだから ~レモンさん流怒りのコントロール術~/山本シュウ(レモンさん)
  • キッズペディア 身近で発見!「激レア」図鑑/岡部敬史

2024 7/25 木曜日
  • うつくしいってなに?/最果タヒ、荒井良二

2024 7/26 金曜日
  • 庄野潤三電子全集 第11巻 1995~1998年「貝がらと海の音」ほか/庄野潤三
  • こころの輪 オリンピック編 世界で戦うアスリートのくじけないメンタルをつくる24のヒント/阿部詩、阿部一二三、池江璃花子、山縣亮太
  • こころの輪 パラリンピック編 パラアスリートが教える壁を乗りこえるための24のヒント/池透暢、道下美里、山本篤
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/