三浦綾子 電子全集 氷点(上)

三浦綾子 電子全集 氷点(上)

三浦綾子

本体500円 + 税

読む

内容紹介

北海道旭川市を舞台に人間の「原罪」をテーマにした著者のデビュー作であり、代表作。

ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の夏枝は眼科医の村井の訪問を受けている最中の出来事だった。夏枝と村井の仲に疑いを抱いた啓造は、妻を苦しめたいがために、自殺した犯人の娘を引き取ることにする。事実を知らない夏枝はその娘に陽子と名付け、失った娘の代わりにかわいがる。夏枝や兄の徹らの愛情に包まれて明るく素直な娘に成長していく陽子だったが、いつしか家族に暗い影が忍び寄る―。

三浦綾子の朝日新聞の懸賞小説当選作であり、デビュー作。

そして、1969年(昭和44年)、1970年(昭和45年)、1981年(昭和56年)、2006年(平成18年)と昭和から平成にかけて4度にもわたりテレビドラマ化された、空前の名作である。

「三浦綾子電子全集」付録として、懸賞小説の当選発表記事や受賞の言葉などを収録!

同じジャンルの書籍から探す

江戸川乱歩 電子全集17 随筆・評論第2集 杉原千畝 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第13巻 高橋和巳 小説7『捨子物語』ほか えんま様の忙しい49日間 散り桜の頃 おばあちゃん、青い自転車で世界に出逢う P+D BOOKS 無妙記 宮尾登美子 電子全集8『序の舞/手とぼしの記』 日本沈没(上) 三浦綾子 電子全集 果て遠き丘 卒業するわたしたち ハムレット! ハムレット!! シンプル・カオス 2 小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜 いつも二人で 喪われた少女 龍の後宮

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/