いい白髪ケア、やばい白髪ケア 〜頭皮がしみる、かゆいは危険信号!〜

いい白髪ケア、やばい白髪ケア 〜頭皮がしみる、かゆいは危険信号!〜

伊熊奈美

本体1260円 + 税

読む

内容紹介

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

どう染めるかが問題。白髪の取説、教えます。

40代〜70代女性の髪の悩み第一位は白髪!

美容院や自宅でのカラーリングの最中に、頭皮がしみる、かゆい、痛い、熱いと感じて我慢している人は要注意。ヘアカラー剤に入っている「ある成分」によって、皮膚かぶれが起きています。

本書は、ヘアカラー(酸化染毛剤)の問題点を明らかにしつつ、その刺激をなるべくなくし、快適に白髪を染める方法を教えます。

薄毛やふわっとした弱々しい髪に悩んでいる人も、年齢のせいではなく、使っているカラー剤が問題なのかもしれません。

・美容院で白髪を染めたい
・自宅で白髪を染めたい
・ヘナ染めをやってみたい
・白髪が根元に目立ってきたときの対処法
・日々のヘアケア

etc.

あらゆる視点で、白髪と向き合う1冊。
あなたに合った白髪ケアの方法が見つかります。

※この作品はカラーが含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

こうじ甘酒レシピ 作りおき〜砂糖なしでおかずもスイーツも!〜 夢の雫、黄金の鳥籠 デジタルフォトアートブック 夢幻七夜—むげんななや— 世界最新の医療データが示す最強の食事術 〜ハーバードの栄養学に学ぶ究極の「健康資産」のつくり方〜 野菜が長持ち&使い切るコツ、教えます! 〜食品ロスをなくして節約! 〜 JAZZ VOCAL COLLECTION TEXT ONLY 6 昭和のジャズ・ヴォーカル Vol.1 〜美空ひばり 弘田三枝子 雪村いづみ〜 斉藤研一のワイン生産者ガイド 新世界編 激走戦隊カーレンジャー超全集 Tasty Japan #バズりごはんBEST50 最高のセックスを体験!Sな骨盤 Mな骨盤 イケるからだになるヒミツの骨盤チューニング ふろしきのココロ JAPANESE MODERN ECOLOGY STYLE FUROSHIKI ポケットモンスター サン&ムーン ポケモン全国大図鑑 スッキリ家事でお金を貯める!2 ののこの節約作りおきレシピ 47都道府県の偏差値 『みんなで創ろう!主体的・対話的で深い学びのある道徳科の授業』 美顔ヨガ〜締まる!上がる!輝く! 1週間で実感する新・抗老化メソッド〜 JAZZ VOCAL COLLECTION TEXT ONLY 22 ガーシュウィン・セレクション

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 10/20 水曜日
  • クイズでわかる! 世界の国と国旗~小学生のミカタ~/陰山英男
  • ボーダーライト/今野敏

2021 10/21 木曜日
  • 棺桶出せるか ~田沼家の快適リフォーム顛末記/田沼武能、田沼敦子
  • で、やせたの? ~まんがでもわかる人生ダイエット図鑑~/野原広子、有田リリコ
  • わが子がやる気になる伝え方 ~性格3タイプ別の声がけで自己肯定感が高くなる~/稲場真由美

2021 10/22 金曜日
  • 官能文学電子選集 藍川京『紅蕊日記』/藍川京
  • 官能文学電子選集 菅野温子『脱皮』/菅野温子
  • 官能文学電子選集 館淳一『背徳の眩暈』/館淳一
  • 官能文学電子選集 丸茂ジュン『痴女伝説』/丸茂ジュン
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第3巻 高橋和巳 小説2『悲の器』ほか/高橋和巳