アフガンの息子たち

アフガンの息子たち

著/エーリン・ペーション

訳/ヘレンハルメ美穂

本体1620円 + 税

読む

内容紹介

難民児童と施設職員の交流を描くYA小説。

 スウェーデンの小さな町にある灰色の建物。高校を出たばかりの「わたし」は、保護者のいない難民児童が暮らす収容施設で働いている。職員は規則と指示に従うことを求められ、帰宅したら仕事のことは考えるなと言われるけれど、アフガニスタンから逃げてきた少年たちと日々接していると、それはとても難しい。「わたし」は、家族と離れ一人で逃げてきた14歳のザーヘルや17歳のアフメド、ハーミドという3人の少年たちと心を通わせるうちに、タリバンへの恐怖やトラウマに苦しむ彼ら、18歳になり施設を出なければならないことを恐れる彼らに寄り添おうとする。
 静かな筆致で難民児童の現実と職員の葛藤を描いた、2021年北欧理事会文学賞(YA&児童部門)受賞作。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 三つの嶺 ぎんなみ商店街の事件簿 〜Sister編〜 小学館ジュニア文庫 小説 イナズマイレブン アレスの天秤 3 幸せな嘘 彼女の存在、その破片 かすてぃら 夢探偵フロイト −邪神が売る殺意− 小学館ジュニア文庫 白魔女リンと3悪魔 レイニー・シネマ 小学館版 学習まんが人物館 スティーブ・ジョブズ さんず 栗本薫・中島梓傑作電子全集21 [評論II] 小学館ジュニア文庫 あの日、そらですきをみつけた 三浦綾子 電子全集 銃口 (上) P+D BOOKS 天使 刑事の遺品 超時空要塞マクロス【TV版】(上)

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/