50才からが“いよいよ”モテるらしい 神話「フランス女」

50才からが“いよいよ”モテるらしい 神話「フランス女」

長坂道子

本体1260円 + 税

読む

内容紹介

大人気「フランス女性は○○本」の最終回答。

「小説のようでも哲学書のようでもあり、
ドキドキしながら読み進むだけで半分フランス女になれる本!」
と美容ジャーナリストの齋藤薫さんが絶賛する。

「フランス女性は太らない」
「生涯恋愛体質らしい」
「自立している」
「美しく歳を重ねられる」・・・
囁かれているフランス女神話が、みんな正しいわけではない。

実は結構ラクじゃない彼女たちは、あえて涼しい顔をしながら、
年齢とも社会とも自分とも闘い続けている。

長年パリに暮らした著者が、神話の裏のお台所事情を、
ジャンヌ・モロー、イネスなどアイコン達の言動や
フランス女性の生の声を挙げて具体的に検証。

「では日本女性とは何なのか」が解き明かされていく仕掛けもある。
そしてフランス女たちの美意識を支える心のありように、
生きてきた軌跡が開花する魅力に、共感と元気がわいてくる。

同じジャンルの書籍から探す

文豪たちの関東大震災体験記(小学館101新書) 笑おうね 生きようね 〜いじめられ体験乗り越えて〜 3D世界規格を作れ! ブルーレイ統一から3Dテレビへ。日本メーカーの誇りをかけた戦い。 裏が、幸せ。 電脳のサムライたち3 電網創世記 0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書 ヒトラーの正体(小学館新書) 書くインタビュー 6 私、勝ちにいきます 自分で動くから、人も動く ロンドン・デイズ 靖国神社が消える日 「感じがいい人」の行動図鑑 〜仕事も、人間関係も、驚くほどうまくいく!〜 老いが怖くなくなる本(小学館新書) 絶望裁判1 〜自殺サイト・快楽殺人・死体マニア〜 十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争 中上健次 電子全集13『紀州熊野サーガ5 虚構空間の更新と移動』

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/