虫の文学誌

虫の文学誌

奥本大三郎

本体3330円 + 税

読む

内容紹介

昆虫文学を通して見えてくる人間の姿。

「蚊帳やめてわずかな手間のその楽さ」
「蠅は逃げたのに静かに手を開き」
 これらの川柳は、昭和を生きた方なら実感をともなって理解できるでしょう。人間はつい最近まで昆虫とともに暮らし、その美しさに感動したり生態に驚いたり、またカやシラミなどに悩まされてきました。
 しかし都市化が進んだ現代日本では、虫を生活から排除し、いても気づかない存在になりました。
 まず本書は、古今東西の人間と昆虫との長いつきあいを、文学を通して確認します。
 エピソードのひとつを紹介すると、中国の古典『詩経』に、ハチはイモムシを狩って自分の子どもにすると書かれています。日本では「我に似よ、我に似よ(似我似我)」と聴きなし、その虫をジガバチと呼びますが、実際はイモムシを麻痺させて幼虫の餌にするのです。このような誤りが東アジアでは数千年も信じられ続けたのはなぜか、そこに筆者は「人間」の生態を見ます。中国の官吏登用試験である科挙では、先哲の書いたことを決して疑ってはいけなかった、その影響と考えます。
 中国や日本、西欧の古典から、現代文学まで渉猟し、虫に関わる箇所を抜き出し、人間とは何かを考察するエッセイです。

同じジャンルの書籍から探す

まいにちは、クリスタル! 蜜の味 韓国「反日街道」をゆく〜自転車紀行1500キロ〜 魚はすごい(小学館新書) P+D BOOKS 単純な生活 日本語ぽこりぽこり 女の名前 三浦綾子 電子全集 白き冬日 宮尾登美子 電子全集9『錦/美しきものへの巡礼』 週刊ポストsepia 昭和のカリスマ 128の名言 色川武大・阿佐田哲也 電子全集9 色川武大の交遊録『街はきまぐれヘソまがり』『無芸大食大睡眠』ほか おじさん図鑑 P+D BOOKS 楊梅(やまもも)の熟れる頃 Googleが仕掛けた罠(小学館新書) 前夜 宿命の戦記〜笹川陽平、ハンセン病制圧の記録〜

次回配信の予定

2024 7/17 水曜日
  • 名探偵コナン歴史まんが 世界史探偵コナン・シーズン2-3 街と歴史・摩天楼の未来計画/青山剛昌、八神健、谷仲ツナ
  • 名探偵コナン歴史まんが 世界史探偵コナン・シーズン2-4 美と歴史・泥まみれの解放者/青山剛昌、鹿賀ミツル、谷仲ツナ
  • おさるのジョージ きょう これ できた?/学芸編集室
  • ドラえもん学びワールドspecial わくわく科学実験/藤子・F・不二雄、藤子プロ、田中裕基

2024 7/18 木曜日
  • 世界標準のSEL教育のすすめ 「切りひらく力」を育む親子習慣 ~学力だけで幸せになれるのか?~/下向依梨

2024 7/19 金曜日
  • 小学館ジュニア文庫版 小説 劇場版すとぷり はじまりの物語 ~Strawberry School Festival!!!~/柏原真人、江坂純、STPR Studio
  • 小学館ジュニア文庫 見習い占い師 ルキは解決したい! 友情とキセキのカード/荒井寛子、三星たま
  • 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第8話 冒険探偵 フォーエバー(5)/片理誠
  • 夢幻∞シリーズ 冥界パティスリー 第15話 睡蓮堂の夏休み/大平しおり、ゆうしよう
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 空想科学読本/青山剛昌、柳田理科雄
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/