「靖国神社」問答

「靖国神社」問答

山中恒

本体650円 + 税

読む

内容紹介

戦後70年に歴史を正視するための必読書。

《2015年の靖国神社の春の大祭には安倍晋三が真榊を供え、二名の女性閣僚が公式に参拝し、国会議員も大挙参拝し、防衛大学の学生約200名も参拝し、靖国神社も風物詩化したみたいになってきました。つまり靖国神社そのものの存在理由について、誰もが問題にしなくなってきました。それにつれて靖国神社に参拝するということは、どういう意味があるのかを考えなくなってきたようです。》(「文庫化によせて」より)
 戦後70年を迎える2015年、政府は安保法案成立に突進している。社会は右傾化し、総理の靖国参拝に異を唱える人も少なくなりつつある。しかし、かつて小泉総理の靖国神社参拝が賛否両論を起こした理由も、現在の安倍総理の参拝を中国や韓国が非難する理由も、その背景にある歴史的事実を冷静に見つめなければ理解できないだろうと著者は言う。
『ボクラ少国民』など少国民シリーズで、戦時下の教育の実態を明らかにしてきた著者が、膨大な資料から靖国神社とは何かを一問一答形式で紐解く。戦後70年に歴史を正視し、問題の本質を理解するための必読書。

同じジャンルの書籍から探す

「熟議」で日本の教育を変える 〜現役文部科学副大臣の学校改革私論〜 三浦綾子 電子全集 青い棘 三浦綾子 電子全集 あなたへの囁き―愛の名言集 いのちのギフト〜犬たちと私から送る勇気のエール〜 池上彰と学ぶ日本の総理 第14号 伊藤博文 ルポ 百田尚樹現象 〜愛国ポピュリズムの現在地〜 中国に立ち向かう覚悟 日本の未来を拓く地政学 東京都庁の深層(小学館新書) 稲盛和夫 「仕事は楽しく」 日本の政治「解体新書」 〜世襲・反日・宗教・利権、与野党のアキレス腱〜(小学館新書) 世論という悪夢(小学館101新書) 三浦綾子 電子全集 難病日記 市議会議員に転職しました。 ビジネスマンが地方政治を変える 幸せの法則 三浦綾子 電子全集 続 泥流地帯 11通の手紙

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/