ルドヴィカがいる

ルドヴィカがいる

平山瑞穂

本体670円 + 税

読む

内容紹介

言葉の迷宮と異境を体感する超感覚ミステリ。

 だめだ。ダサい。この文体は美学的に許せない——。
 小説家の伊豆浜亮平は文体や言葉づかいに独自のこだわりを持っている。ただ、この5年間はヒット作にめぐまれず新作刊行の見通しも微妙で、3年前から始めた女性誌のライター業でなんとか食いつないでいた。世界的な天才ピアニスト荻須晶へのインタビュー取材をきっかけに、そんな小説家が出会ったのは、独特の話法で言葉を操る不思議な女だった。
 初めて遭遇した場所は、軽井沢にある荻須晶の別荘近く。純白のワンピース姿で森の中を一人でさまよう彼女は、薄い唇を開いて確かにこう言った。
「社宅にヒきに行っている人とその恋人の方ですね。ラクゴはミています」
 社宅にヒく? 引く? 牽く? だめだ、まるで意味がわからない——。
 彼女の話す言葉にどんな意味があるのか、そもそも彼女はどうしてそんな話法を駆使しているのか。混乱する小説家をよそに、彼女の言葉はつづく。
「私はその中心を走っていたところです。将来、社宅で打ち合わせしますね」
 言葉の迷宮をさまよう小説家は、やがて執筆中の小説の内容にも通底した“もうひとつの世界”に導かれてゆく。——著者真骨頂! 異境を体感する超感覚ミステリ長編!

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 家族 ファミリー 福永武彦 電子全集4 実験の継続、『心の中を流れる河』、『世界の終り』、そして『夢の輪』。 学園ゴーストバスターズ 超時空要塞マクロス【TV版】(上) 偶然屋 極夜の警官〜NIGHTBLIND〜 P+D BOOKS 死者におくる花束はない 海と月の喫茶店 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖45 引きずり幽霊 大江戸恐龍伝 二 冥土ごはん 洋食店 幽明軒 さんばん侍〈二〉 麒麟が翔ぶ P+D BOOKS 血涙十番勝負 武士の献立 江戸川乱歩 電子全集20 随筆・評論第5集 齋藤 孝の音読破 2  走れメロス

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/