ゆめいらんかね やしきたかじん伝

ゆめいらんかね やしきたかじん伝

角岡伸彦

本体630円 + 税

読む

内容紹介

没後3年、今明らかになる視聴率男の真実。

2014年1月3日、歌手でタレントのやしきたかじん氏が食道ガンで死去した。

関西を中心に活動してきたローカルタレントながら、安倍晋三総理、星野仙一元楽天監督、作詞家・秋元康など各界の著名人と交遊を持ち、死後は追悼番組や評伝も多く執筆された。

だが、『東京』をはじめ、たかじん氏の楽曲を多く手がけた作詞家・及川眠子氏が「小心者で、優しくて、気の弱いおじさん。あの人は、やしきたかじんを演じていたと思う」と評したように、その実像は知られていない。

なぜ東京進出に失敗し、その後、東京の番組出演を頑なに避け、さらには東京への番組配信すら禁じたのか。なぜ全身全霊を捧げた歌手活動を突如封印したのか。晩年、なぜ政治に接近し、橋下徹前大阪市長ら政治家を生む原動力となっていったのか——。

取材を進めるうちに見えてきたのは、一見、剛胆にみえるたかじんのあまりに一本気で繊細すぎる一面だった。本書は内なる葛藤を抱えながら、自らに求められた役割を「演じ続ける」たかじんの“心奥”を、たしかな取材で描いていく。

大反響を呼んだ単行本に、大幅加筆を加えた決定版評伝——。

同じジャンルの書籍から探す

赤塚不二夫120% 小倉昌男 祈りと経営〜ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの〜 池上彰と学ぶ日本の総理 第1号 吉田茂 令和日本・再生計画〜前内閣官房参与の救国の提言〜(小学館新書) 浪費図鑑 —悪友たちのないしょ話— タイワニーズ 故郷喪失者の物語 デザイン思考2.0 〜人生と仕事を変える「発想術」〜(小学館新書) 池上彰の世界の見方 ロシア〜新帝国主義への野望〜 昭和天皇は何と戦っていたのか 『実録』で読む87年の生涯 ベトナムを知れば見えてくる日本の危機 〜「対中警戒感」を共有する新・同盟国〜 佑樹 家族がつづった物語 忍びの滋賀〜いつも京都の日陰で〜(小学館新書) これでいいのだ・・・さよならなのだ ゴーマニズム宣言SPECIAL よしりん戦記 世の中の8割はどうでもいい。〜頑張ってもうまくいかない人生を変える思考術〜 香港少年燃ゆ

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/