ぼくは満員電車で原爆を浴びた 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ

ぼくは満員電車で原爆を浴びた 11歳の少年が生きぬいたヒロシマ

語り/米澤鐡志

文/由井りょう子

本体570円 + 税

読む

内容紹介

伝えたい少年原爆体験記。11歳のヒロシマ。

 広島に原爆が落とされたのは、1945年8月6日でした。11歳の米澤鐡志さんは、爆心から750メートルの電車内で母親と一緒に被爆します。母親は9月に亡くなり、母乳を飲んでいた1歳の妹は10月に亡くなります。
 この本は、米澤少年の目で見た、8月6日その日のことと、その後何が起こったか、という記録です。

 ブラウスが突然発火して、体が焼け始める女性、皮膚が布地のように垂れ下がって、幽霊のように見えた人たち、防火水槽に飛び込んで亡くなっている赤ちゃんを抱いた女性、川を流れていくたくさんの死体。
 11歳の少年が見た光景を、読者も知ることになります。

 「どんなにつらい記憶でも、知らないよりは知ったほうがいいと私は思います。本書は読むのも苦しい内容ですが、きっと未来のための知恵を与えてくれるでしょう」(京都大学原子炉実験所 小出裕章さんによる「はじめに」より)。

 原爆や核についてお子さんと考えるとき、最適の1冊です。

同じジャンルの書籍から探す

2015年放射能クライシス   誰も知らない中国拉麺之路 日本ラーメンの源流を探る(小学館101新書) 人民元の興亡〜毛沢東・トウ小平・習近平が見た夢〜 へこたれない UNBOWED ワンガリ・マータイ自伝 熱血!ジャージ校長奮闘記 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第9巻 唱歌誕生 ふるさとを創った男 ビッグショット・オーロラ 開高 健 電子全集5 ルポルタージュ『声の狩人』『ずばり東京』他 1961~1964 沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子 仕事師たちの平成裏起業 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー) カラー名作 少年少女世界の文学 赤毛のアン 逆説の日本史 別巻3 ニッポン[三大]紀行 小学館ジュニア文庫 怪盗ジョーカー 銀のマントが燃える夜 池上彰の世界の見方 15歳に語る現代世界の最前線 小学館ジュニア文庫 世界名作シリーズ 小公子セドリック

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 1/25 金曜日
  • 人工知能~その到達点と未来~/中島秀之(著・編)丸山宏(著・編)浅田稔(著)麻生英樹(著)池上高志(著)橋田浩一(著)松尾豊(著)松原仁(著)
  • そして8日目に愛を謳った。/沖田円(著)爽々(イラスト)
  • 太陽と月の眠るところ 紫微国妖夜話/宮池貴巳(著)由羅カイリ(イラスト)
  • BANANA FISH #2/小笠原みく(著)吉田秋生(原作)瀬古浩司(脚本)Project BANANA FISH(監)
  • 合本版 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」全16巻/猪瀬直樹