中上健次電子全集10 『物語文学への越境』

中上健次電子全集10 『物語文学への越境』

中上健次

本体1946円 + 税

読む

内容紹介

中上健次“物語文学”『宇津保物語』『重力の都』と未完作『鰐の聖域』を収録。『重力の都』は谷崎へのオマージュでもある。

『宇津保物語』は、同名タイトルの日本最古の長編物語の翻案作品。本編は親子四代にわたる琴の伝承譚(たん)。中上が注目したのは、「北山のうつほ」で育った仲忠の異能と、この物語的なトポスとの関係であった。エッセイ「賤者になる」(『風景の向こうへ』所収)で作家は、「うつほ」を「疑似神話空間」であり、「現実の被差別部落と同一の働きをしているのではないか」とさえ言う。波斯(はし)国(こく)に漂着し、帰国後結ばれた女に秘琴と秘曲の伝授を施す俊蔭の孫・仲忠は、「北山のうつほ」という都(みやこ)周縁の秘境から都に帰還する貴種である。この物語的な流離を、中上は自身の作品世界に引き寄せたのである。

『重力の都』は、六篇からなる連作。「あとがき」で作者は、この作品を『春琴抄』を引き合いに「大谷崎の佳作への、心からの和讃と思っていただきたい。『重力の都』で物語という重力の愉楽をぞんぶんに味わった」と述べている。

『鰐の聖域』は晩年の未完作品の一つ。紀州熊野サーガ(物語群)の一角をなすはずの作品だった。ここでは、サーガの中心人物・竹原秋幸の長姉、次姉の子の世代、孫の世代が登場し、新たな物語の火種を仕込まれるのである。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

海とジイ 染五郎の超訳的歌舞伎 中上健次 電子全集18『未完の中上ワールド——開かれた終焉へ』 人面島 小説 響 HIBIKI 小説 あゝ、荒野 前篇 夢幻∞シリーズ つくもの厄介9 走る唐櫃 僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. 「魔性の女」に美女はいない(小学館新書) ロマンシエ 崖っぷちパラダイス 千葉の殺人 竜宮城と七夕さま ママがほんとうにしたかったこと 三浦綾子 電子全集 この病をも賜として トヨトミの野望

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 5/25 水曜日
  • 山下裕二 壇蜜 私を美術館に連れてって ~いつでも鑑賞できるミュージアム~/山下裕二、壇蜜

2022 5/26 木曜日
  • アンキロサウルスのマズ/ジョニー・ダドル、たなかあきこ
  • ブラキオサウルスのビル/ジョニー・ダドル、たなかあきこ

2022 5/27 金曜日
  • それいゆ文庫 後宮まじない珈琲店 ~新入り妃、猫アタマ皇帝の謎に挑む~/遊森謡子、雀葵蘭
  • それいゆ文庫 秘密。そして、それから/泉住怜那、セカイメグル
  • 華麗なる探偵アリス&ペンギン ペンギン・ウォンテッド!/南房秀久、あるや
  • 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 世紀末の魔術師/水稀しま、青山剛昌、古内一成
  • 小説 二月の勝者-絶対合格の教室-秋の陣/伊豆平成、高瀬志帆
  • 宙ごはん/町田そのこ
  • がんばるが1割/おちまさと
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第10巻 高橋たか子 小説5『亡命者』ほか/高橋たか子