山口瞳電子全集10 1964年『マジメ人間』

山口瞳電子全集10 1964年『マジメ人間』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

1964年作家専業生活に入った山口瞳の小説、エッセイ等全156作品を収録。プロ野球ルポエッセイ、企業訪問記など多彩な作品が並ぶ。

収録作品は、エッセイ「宇宙通信時代」(毎日新聞1月1日掲載)から、小説「俺は19歳 最終回 サヨナラ・パーティ」(PR誌「カトレア」12月)まで、1964年に発表された小説、エッセイ等全156作品を初出掲載順に収録。
1964年は、『江分利満氏の優雅な生活』で第48回直木賞を受賞後、前年末にサントリーを退社し、専業作家として走り出した年で、ジャーナリズムの世界では、「江分利満氏」は山口瞳の代名詞となり、取材記事のタイトルなどに使われ始めた年でもあった。
「江分利満氏」は、作者・山口瞳の等身大に近く、「江分利満氏キャンプを行く」などと、特に取材もののタイトルに「「江分利満氏」が山口瞳の代名詞として使われることが増えてきたため、「江分利満氏」イコール「山口瞳」と考える読者が多くなってきたが、「江分利満」氏はすでに独立した人格を持って、一人歩きをし始めた。「江分利満氏」と、1964年6月に発表した短篇小説の題名である「マジメ人間」とが、山口瞳の代名詞として、その後、広く世に知れわたるようになる。
東京五輪開催に沸いた1964年は、山口自身は五輪よりもプロ野球に高い関心を寄せ、1月と2月には「キャンプめぐり」、3月から9月までは「野球時評」、10月2日から11日まで、「球場スケッチ」と題して、「日本シリーズ」の現地報告をするなど、プロ野球エッセイを年間通じて綴った一年でもあった。
付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録、「草臥山房通信」(10)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

スギハラ・サバイバル ロンドン・デイズ 海が見える家 栗本薫・中島梓傑作電子全集20 [評論I] 色川武大・阿佐田哲也 電子全集11 実験的ギャンブル小説『次郎長放浪記』ほか 教場 スクールセイバー 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖19 狐火鬼火 ちょうかい 未犯調査室 3 オン・ザ・ライン 開高 健 電子全集12 ロマネ・コンティ・一九三五年/紙の中の戦争 戦中派復興日記 P+D BOOKS 誘惑者 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 赤井秀一セレクション 赤と黒の攻防(クラッシュ) ぼくたちと駐在さんの700日戦争20 P+D BOOKS 大洪水 上・下巻 合本版

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 1/20 水曜日
  • まんがでわかる カーリングの見方!! ~市川美余がとっておきの話をデリバリー。~/深山雪男、市川美余、日本カーリング協会
  • 詩人になりたいわたしX/エリザベス・アセヴェド、田中亜希子

2021 1/21 木曜日
  • 学習まんが ドラえもん ふしぎのサイエンス ミクロのサイエンス/藤子・F・不二雄、近藤俊三、ひじおか誠

2021 1/22 金曜日
  • 私のカレーを食べてください/幸村しゅう
  • 庭猫スンスンと家猫くまの日日/安彦幸枝
  • もぞもぞしてよ ゴリラ/ほんの豚ですが/佐野洋子