立原正秋 電子全集22 『短編集Ⅳ 雪の朝』

立原正秋 電子全集22 『短編集Ⅳ 雪の朝』

立原正秋

本体1800円 + 税

読む

内容紹介

数少ない歴史小説『雪の朝』『橋の上』を始めとして、立原晩年の作品を中心に傑作短篇15篇を収録。

『雪の朝』は、立原作品には異色の史実に材をとった作品で、桜田門外にて暗殺される大老・井伊直弼の心の内面に立ち入った小品。若き日に「たか女」を通じて体得した直弼のエロスの情念が、晩年の死の瞑想と結びつき、「死とエロス」が雪の朝の終幕で昇華するのだった。
『橋の上』は新撰組隊員の永倉新八が、両国橋の上で、かつての仲間で今は官軍にいる鈴木三樹三郎に出会った時に、剣の実力で劣る相手に何故か「斬られる」と感じてしまう……。敗者となった新八の心理の微妙な変化を描いた作品である。
また、『交喙の嘴』は、すれ違ってばかりの男女が、ようやく互いの本当の気持ちに気がついて新たな一歩踏み出そうとしていく、立原には珍しいハッピーエンドで終わる小品で、「女性セブン」昭和43年1月号に掲載された後、単行本には収録されなかった貴重な作品でもある。
その他、台風の雨漏りが心配で昇った屋根裏から落ちて大怪我をした実体験を元に描いた作品『吾亦紅』のほか、『荻野村にて』、『山椒の木のある家』、『埋火』、『一夜の宿』等、哀愁に満ちた佳作短篇15篇が収録されている。

付録として、長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十二」、妻・光代が夫との日々を回想する「追想---夫 立原正秋」(後篇)など関連エッセイ4作を収録。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』 中上健次 電子全集13『紀州熊野サーガ5 虚構空間の更新と移動』 栗本薫・中島梓傑作電子全集16 [伊集院大介 III] ドラゴン青年団 タッチ もうひとつのラストシーン 夢幻∞シリーズ 箒の騎士1 アウトハウス・ビースト 革命の血 あやかし斬り 千年狐は虚に笑う 恋愛体験ノベル Almost True Story12 ダメンズ・ラブ【短編】 〜マンネリOLセイコの一発逆転恋愛物語〜 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖28 蛇精 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 業火の向日葵 夫婦フーフー日記 夢幻∞シリーズ アンダー・ヘイヴン1 首輪につながれた少年 栗本薫・中島梓傑作電子全集4  [SF I] でんでら国 下 喫茶おじさん

次回配信の予定

2024 7/24 水曜日
  • オバちゃんオジさんがキレやすいのは 昭和のICチップのせいだから ~レモンさん流怒りのコントロール術~/山本シュウ(レモンさん)
  • キッズペディア 身近で発見!「激レア」図鑑/岡部敬史

2024 7/25 木曜日
  • うつくしいってなに?/最果タヒ、荒井良二

2024 7/26 金曜日
  • 庄野潤三電子全集 第11巻 1995~1998年「貝がらと海の音」ほか/庄野潤三
  • こころの輪 オリンピック編 世界で戦うアスリートのくじけないメンタルをつくる24のヒント/阿部詩、阿部一二三、池江璃花子、山縣亮太
  • こころの輪 パラリンピック編 パラアスリートが教える壁を乗りこえるための24のヒント/池透暢、道下美里、山本篤
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/