立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイⅣ』

立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイⅣ』

立原正秋

本体1800円 + 税

読む

内容紹介

立原文学の本質が垣間見られる「私小説的発想を排す」等、文学について語ったエッセイ、自作品あとがき全162篇を一挙掲載。

随筆集『秘すれば花』、『旅のなか』、『坂道と雲と』、『夢幻のなか』、『冬の花』を中心に、文学に関わるエッセイと、自作あとがき等全162篇。自ら編集に携わった文芸誌「犀」の創刊および終巻の辞に始まり、私小説、心境小説を否定していた立原の創作根拠が書き込まれた「私小説的発想を排す」、「現代にとって文学とは何か」という、立原文学の本質を知るために見逃せない2篇を収録。
また、鎌倉文士の先輩として敬愛してやまない川端康成について記した「川端康成氏覚え書き」、「川端文学のエロティシズム」の川端康成論2篇も、立原の川端康成への並々ならぬ傾倒ぶりが伺え、光彩を放っている。なお、単行本未収録作品として「美の追求だけしかしなかった人 川端康成先生」も新たに収録された。
さらに大岡昇平、三島由紀夫、武田泰淳等、交遊のあった作家に言及したエッセイも多数収録。


付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十三」のほか、2篇の対談と、昭和54年12月3日に早稲田大学小野講堂での講演「一作家の周辺」の模様を収録している。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

偶然屋 夢幻∞シリーズ 修繕あかしの思い出巡り6 妖艶な指輪 後篇 三浦綾子 電子全集 細川ガラシャ夫人(下) バージョンアップ はちきれそうなあたしの12か月 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖72 高野丸・下 絶縁 大江戸恐龍伝 三 こっこ屋のお狐さま 銀の嵐と黒狐 めぐるの選択 流星の消える日まで せいせいするほど、愛してる クラシック リバイバル 女人追憶13 0マイル 齋藤 孝の音読破 5  山月記 ハピネスエンディング株式会社 不在者 家裁調査官 加賀美聡子

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/