山口瞳 電子全集26 1993〜1995年『吉行さんのいない銀座なんて』

山口瞳 電子全集26 1993〜1995年『吉行さんのいない銀座なんて』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

山口瞳電子全集の最終巻。1993年〜逝去する1995年8月までに書かれた47作品と未掲載3篇、座談・対談98篇を収録。

収録作品は、エッセイ「川端家での一日」から、第113回直木賞選評「思いが深ければ」まで、1993年から1995年に発表された47作品を初出掲載順に収録。
また、電子全集編纂作業中に発掘した貴重な作品3篇も収録。

1994年7月26日、兄事していた、作家・吉行淳之介が死去。「週刊新潮」8月25日号の男性自身で、7回連続で追悼の記を書いた。山口自身は前立腺の手術のため慶應病院に入院中で、7月28日の吉行の葬儀に出席できなかった。

1年後、山口瞳にも“最期”の時が訪れる。1995年8月29日、肺がんのため、聖ヨハネ会桜町病院ホスピス棟にて死去。満69歳だった。
山口が亡くなるまでの経緯は、同巻の付録として収録した長男・山口正介の手記『ぼくの父はこうして死んだ「男性自身外伝」』に詳しい。

また、最終巻の特別篇「対話集」として、1963年の「江分利満氏の優雅なお色気」から、1995年の「おいてますます楽しき馬券」まで、
野坂昭如、伊丹十三、大原麗子など、各界の有名、著名人との座談・対談を98篇(のべ77人)掲載。さらに、社内誌に1度だけ掲載された、幻のエッセイ「通り過ぎた人」を初めて収録。

付録として、電子全集の総監修を務める山口正介の回想録「草臥山房通信」(26)のほか、監修者・宮田昭宏制作した「山口瞳年譜」も掲載される。

※この作品にはカラー画像が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

ジャズジャイアンツ・インタヴューズ 小説 S エス―最後の警官― 2 P+D BOOKS 江戸散歩(下) P+D BOOKS 桜桃とキリスト(上) 〜もう一つの太宰治伝〜 P+D BOOKS 魔界水滸伝 14 おれたちを笑うな! わしらは怪しい雑魚釣り隊 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖7 春な忘れそ 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 11人目のストライカー 口中医桂助事件帖6 想いやなぎ P+D BOOKS サド復活 平成史 史上最強の大臣 クラシック リバイバル 女人追憶12 ダーリンの東京散歩 歩く世界 開高 健 電子全集16 生物としての静物/食卓は笑う 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖79 あぐろおう

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2020 8/21 金曜日
  • 口福のレシピ/原田ひ香