福永武彦 電子全集12 『忘却の河』『幼年』、童話。

福永武彦 電子全集12 『忘却の河』『幼年』、童話。

福永武彦

本体2500円 + 税

読む

内容紹介

愛の挫折と不在に悩む家族5人の葛藤を描いた『忘却の河』、“幼くして失った母”の原風景を描いた『幼年』、童話作品等を収録。

『忘却の河』は、過去の事件に深くとらわれる中年男、彼の長女、次女、病床にある妻、若い男、それぞれの“独白”7章から成る作品。孤独な魂を抱えて救いを希求する彼らの葛藤を描く中で、各人の言動にリアリティが生じ(=社会性を獲得し)、大人の読者が入り込みやすい作品となっており、円熟した文章表現と相俟って福永武彦作品への入門として、最適な作品と紹介されることが多い。

『幼年』は、福永自身「それはどうしても書かなければならない作品の一つに属してゐた」と記しているように、“幼くして失った母”の原風景を描きながら、主観的記憶尊重の作品として、自我の原型を純粋記憶をもとに探求しようとした重要な作品の一つである。

そのほか、童話作品として、『幼年』と併行して執筆していた「猫の太郎」(未完)と、古事記をリライトした「おおくにぬしのぼうけん」、『幼年』創作の準備として翻訳したエッセイ「玩具のモラル」を収録する。

附録として、『忘却の河』、『幼年』の本文主要異同表、未発表の『幼年』構想メモ等の資料写真なども収録。

同じジャンルの書籍から探す

ハワイで聞いた 心にひびくアロハな話15 三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ 仕事師たちの平成裏起業 口中医桂助事件帖7 菜の花しぐれ ゴーイング・ゼロ 京都スタアホテル 鳥かごの詩 九十九神曼荼羅シリーズ ヒア・アイ・アム P+D BOOKS 鉛筆印のトレーナー あぶない刑事 8 おろち olochi, super remix ver. P+D BOOKS 浮世に言い忘れたこと 十年介護 錯迷 三浦綾子 電子全集 石の森 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖10 勝虫

次回配信の予定

2024 7/24 水曜日
  • オバちゃんオジさんがキレやすいのは 昭和のICチップのせいだから ~レモンさん流怒りのコントロール術~/山本シュウ(レモンさん)
  • キッズペディア 身近で発見!「激レア」図鑑/岡部敬史

2024 7/25 木曜日
  • うつくしいってなに?/最果タヒ、荒井良二

2024 7/26 金曜日
  • 庄野潤三電子全集 第11巻 1995~1998年「貝がらと海の音」ほか/庄野潤三
  • こころの輪 オリンピック編 世界で戦うアスリートのくじけないメンタルをつくる24のヒント/阿部詩、阿部一二三、池江璃花子、山縣亮太
  • こころの輪 パラリンピック編 パラアスリートが教える壁を乗りこえるための24のヒント/池透暢、道下美里、山本篤
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/