色川武大・阿佐田哲也 電子全集 20 阿佐田哲也、後期麻雀小説『黄金の腕』ほか

色川武大・阿佐田哲也 電子全集 20 阿佐田哲也、後期麻雀小説『黄金の腕』ほか

著/色川武大

著/阿佐田哲也

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

阿佐田哲也名義では後期にあたる麻雀小説集『東一局五十二本場』『黄金の腕』『外伝・麻雀放浪記』3冊を収録。

色川武大名義の『怪しい来客簿』以降、純文学作家として認知され始めた後に、阿佐田哲也名義で書かれた麻雀小説集3冊を収録。
『東一局五十二本場』は表題作のほか「雀ごろ心中」「茶木先生、雀荘に死す」等8編で構成され、『ギャンブル党狼派』以来5年ぶりとなる麻雀小説集で、マイルドな娯楽小説の色合いが濃くなっている。
中でも“兄と弟的な関係”を描いた青春小説「快晴の男」は珍しくハッピーエンドで終わる一作として興味深い。
『黄金の腕』は、“阿佐田哲也”としてのアイデンティティを見つめ直そうとする意識に満ちた8編からなる作品集。
表題作のほか「未完成大三元」「北国麻雀急行」は青春回顧の作品。
また「前科十六犯」「夢ぼん」と色川武大名義の作品も2編収録されている。『外伝・麻雀放浪記』は没後に発表された最後の麻雀小説集。
「ドサ健の麻雀わが闘争」「不死身のリサ」等9編を収録。
中でも1970年「早稲田文学」5月号に掲載された色川武大名義「ひとり博打」が異彩を放っている。
付録として「週刊ポスト」誌上で展開され、阿佐田哲也が観戦記を寄稿した「有名人勝ち抜き麻雀大会」のうち、第1シリーズにあたる1970年5月29日〜11月6日号掲載の全28回分を収録。
解説は、作家の北上次郎氏、解題は、アンソロジスト・結城信孝氏が務める。

同じジャンルの書籍から探す

伝説のエンドーくん P+D BOOKS 城の中の城 中上健次 電子全集4 『エッセイ集 1960年代〜70年代』 BALLAD 名もなき恋のうた あやかし斬り 千年狐は虚に笑う それいゆ文庫 箱庭の歳時記 〜この人を、愛そうと、決めた〜 P+D BOOKS がらくた博物館 鴨川食堂ごちそう あした世界が、 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第7話 薫風ノイズ(2) 春風同心十手日記〈四〉 月光の剣 P+D BOOKS 魔界水滸伝 13 もしもを叶えるレストラン ランナウェイ P+D BOOKS 時の扉(下) 口中医桂助事件帖3 花びら葵

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/