高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第11巻 高橋和巳 小説6『黄昏の橋』ほか

高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第11巻 高橋和巳 小説6『黄昏の橋』ほか

高橋和巳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

39歳で夭折した作家晩年の未完小説『黄昏の橋』『白く塗りたる墓』「もう一つの絆」に遺稿「遥かなる美の国」等を収録。

39歳で夭折した高橋和巳晩年の小説『黄昏の橋』『白く塗りたる墓』「もう一つの絆」(いずれも未完)に加え、遺稿として「遥かなる美の国」、「清角の音」「他者の古里」等を収録する。
『黄昏の橋』は雑誌「現代の眼」1968年10月〜1970年2月にかけ連載された未完作品。
古美術世界に沈潜する学芸員・時枝が、偶然、機動隊と学生の衝突で一人の学生が橋から転落するのを偶然目撃し、封印されそうな事件の深層に迫っていくという当時の世相を反映した作品。
続く『白く塗りたる墓』は、開高健や柴田翔らと共同編集した、季刊「人間として」創刊号(1970年3月)に発表された。
内容はテレビ局を舞台にした作品で、第一部完のまま、続きを描かれることがなかった最後の小説である。
「もう一つの絆」は「群像」1967年9月号に発表され、第一部第五章まで書かれた未完作品。
遺稿として、小説の断片である「遥かなる美の国」、「清角の音」「他者の古里」も収録。
解説は、芥川賞作家・高城修三氏が務め、解題は和己巻の監修者を務める作家・太田代志朗氏が担当。
付録として「白く塗りたる墓」「遥かなる美の国」、「清角の音」「他者の古里」の生原稿等を掲載する。

※この作品は一部カラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

P+D BOOKS 大洪水 上・下巻 合本版 人面島 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ1 メリーアン 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖64 桑畑の翁 ホーリー・カウ 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第23巻 高橋和巳 対話、講演 福永武彦電子 全集11 近・現代日本文学評論。 ニッポンチ! 国芳一門明治浮世絵草紙 泣き終わったらごはんにしよう めぐるの選択 夢幻∞シリーズ ミスティックフロー・オンライン 第3話 百銃の女王(6) ぼくたちと駐在さんの700日戦争5 栗本薫・中島梓傑作電子全集11 [終わりのないラブソングI] 砂漠の旅ガラス 色にや恋ひむ ひひらぎ草紙 P+D BOOKS 春の道標

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/