日本100名城のひみつ〜小学生のミカタ〜

日本100名城のひみつ〜小学生のミカタ〜

著/萩原さちこ

監/日本城郭協会

本体810円 + 税

読む

内容紹介

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

城のことがわかる! 小学生のための城入門。

城について興味をもった小学生に贈る、城の入門書です。
まずは城の歴史を紹介します。「城のはじまりは吉野ヶ里遺跡などの弥生時代の環濠集落」「天守を発明したのは織田信長」といったことから、第二次大戦でいくつもの天守が失われたことまで、くわしく解説します。
次に、「櫓(やぐら)の名前にはいろいろある」「石垣の積み方で歴史がわかる」「出入り口には、敵の攻撃を防ぐしかけがあった」といった城の特徴を紹介します。自由研究にも使えるよう、城の見方を徹底解説いたします。

そして、北海道の五稜郭から、沖縄の首里城まで、全国に残る、日本100名城を取り上げます。
また、コラムでは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信といった著名な武将から、加藤清正、藤堂高虎といった城づくりの名人まで徹底的に解説するので、武将好きのお子さんも必見の1冊です!

同じジャンルの書籍から探す

「東大に入る子」は5歳で決まる〜“根拠ある自信”を育てる幼児教育〜 小学生の究極の自学ノート図鑑 学習まんが はじめての日本の歴史13 絶えない戦争 小学館版 学習まんが人物館 ポケモンをつくった男 田尻智 演劇プロデューサーという仕事 〜「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか〜 パール博士「平和の宣言」 蒼い空へ  〜夫・西城秀樹との18年〜 ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書) 世界遺産:百舌鳥・古市古墳群ガイド 発達障害の改善と予防 家庭ですべきこと、してはいけないこと 学習まんが 少年少女日本の歴史 日本の歴史 平成の30年 僕らが愛した手塚治虫 3 脳が若返る最高の睡眠〜寝不足は認知症の最大リスク〜(小学館新書) 新版 ウイスキー検定公式テキスト 語られなかった皇族たちの真実 ふろしきのココロ JAPANESE MODERN ECOLOGY STYLE FUROSHIKI

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2020 9/25 金曜日
  • 学習まんが ドラえもん ふしぎのサイエンス 月のサイエンス/藤子・F・不二雄、渡部潤一、ひじおか誠
  • 学習まんが ドラえもん ふしぎのサイエンス 南極のサイエンス/藤子・F・不二雄、藤子プロ、国立極地研究所、ひじおか誠
  • ドラえもん探究ワールド 仕事の歴史とこれから/藤子・F・不二雄、藤子プロ、藤田昇之
  • ドラえもんの社会科おもしろ攻略 のび太と行く 世界歴史探検 1 ~古代の文明編~/藤子・F・不二雄、藤子プロ、近藤二郎、大岩ピュン、小西聖一
  • ドラえもんの社会科おもしろ攻略 のび太と行く 世界歴史探検 2 ~ギリシア・ローマ編~/藤子・F・不二雄、藤子プロ、近藤二郎、大岩ピュン、小西聖一
  • ドラえもんの理科おもしろ攻略 自由研究アイディア集/藤子・F・不二雄、藤子プロ、村山哲哉、たかや健二
  • 始まりの木/夏川草介
  • ワシントン・ブラック/エシ・エデュジアン、高見浩
  • 小学館ジュニア文庫 ここはエンゲキ特区!/保木本佳子
  • しあわせの ねこまじない/Forshow
  • 色川武大・阿佐田哲也 電子全集18 阿佐田哲也異色小説群『小説・麻雀新選組』ほか/色川武大、阿佐田哲也