P+D BOOKS 武蔵野インディアン

P+D BOOKS 武蔵野インディアン

三浦朱門

本体700円 + 税

読む

内容紹介

武蔵野を題材にさまざまな明と暗を描く。

「おい、日清戦争の前の年まで、今の東京都下は神奈川県だったのを知っているか。……都下という言い方、いかにも東京白人の発想だ。植民地扱いじゃないか」
関東大震災後に郊外に移ってきたサラリーマンの子・太田久雄は、武蔵野にルーツを持つ中学時代の友人たちからそう指摘される。彼らは自らを「武蔵野インディアン」と称し、地に足がついておらず「紙とインクの世界しか知らない」都会の“白人”とは一線を画する存在だというのだ——。
 武蔵野を題材に、都会と地方、戦前と戦後、保守と革新といった、さまざまなコントラストを見事に描出した珠玉作。

同じジャンルの書籍から探す

山口瞳 電子全集23 1985〜1986年『新東京百景』 P+D BOOKS 虫喰仙次 P+D BOOKS 幻妖桐の葉おとし P+D BOOKS 血族 P+D BOOKS 金環蝕 上・下巻 合本版 P+D BOOKS 終わりからの旅(下) P+D BOOKS 夜の三部作 P+D BOOKS 家族 ファミリー P+D BOOKS 好きな女の胸飾り P+D BOOKS 時の扉(上) 福永武彦 電子全集1 「草の花」体験、福永武彦の出発 P+D BOOKS 小説 葛飾北斎 下巻 P+D BOOKS 青春放浪 P+D BOOKS 魔界水滸伝 1 栗本薫・中島梓傑作電子全集20 [評論I] P+D BOOKS 伊豆の街道

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/