宿命の子〜笹川一族の神話〜

宿命の子〜笹川一族の神話〜

高山文彦

本体2250円 + 税

読む

内容紹介

父・良一を支えた笹川陽平の「復讐の物語」。

 本書は、競艇の創設に尽力し「日本のドン」の汚名を背負った故・笹川良一氏と、ハンセン病制圧を中心とした慈善事業を担う三男の笹川陽平・日本財団会長の、父と子の物語である。
 1899年に生まれた笹川良一氏は戦後、A級戦犯容疑者として巣鴨プリズンに収監。48年の釈放後、51年のモーターボート競走法制定に尽力、全国モーターボート競走会連合会、日本船舶振興会を設立し、会長に就任。競艇の売り上げの一部を慈善活動に使う集金システムは、「右手でテラ銭を集めて左手で浄財として配る」と揶揄され、90年代にはメディアが“笹川帝国”批判キャンペーンを繰り広げた。
 ロシアの沈没船引き揚げに大金を投じるなど、暴走を始めた晩年の父を陰ながら支えた陽平氏は、父なき後、父が特に心血を注いできたハンセン病制圧活動をライフワークに据えた。ジャングルの奥地など世界のあらゆる場所に自ら赴き、薬を届けて啓蒙活動に身を捧げる陽平氏の姿を、著者・高山文彦氏は「これは大いなる復讐の物語だ」と捉え、数奇なる父子の人生を綴ったのが本書です。
 本書は週刊ポストで2012〜2013年に全74回にわたって連載された。

※この作品には一部カラーが含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

日本語を使う日々 書くインタビュー 4 「サラリー」論。 銀座クラブは女の大学(小学館101新書) メタルカラーの時代14 クールアースの創世記 メタルカラーの時代13 100年後に残すメガ仕事 逆説の日本史16 江戸名君編/水戸黄門と朱子学の謎 男も更年期で老化する(小学館101新書) 恋愛がらみ。 不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ 高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人(小学館101新書) 書くインタビュー 1 逃げるが勝ち 脱走犯たちの告白(小学館新書) 女神の聖地 伊勢神宮(小学館新書) ルポ 国際ロマンス詐欺(小学館新書) 感染症時代のマスクの教科書 〜的確に選んで、正しくつける〜 僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/