超釈 北斎春画かたり

超釈 北斎春画かたり

車浮代

本体1620円 + 税

読む

内容紹介

北斎の春画と詞書きを読み解く超解釈小説集。

稀代の天才浮世絵師・葛飾北斎が描き、「春画展」の目玉作品のひとつでもある名作艶本「喜能会之故真通」(きのえのこまつ)の図とその背後に書かれた詞書(登場人物のセリフとト書き)に着想を得るとともに、その全てを活かしつつ書き下ろした「超解釈」小説&カラー図版集。「北斎の春画には、びっしりと文字が書き込まれている。だが、現代人がそれを解読するのは難しい。車浮代さんは、そのテキストを“超釈”して、江戸時代人の肉声をわれわれに伝えてくれる。」(山下裕二・明治学院大学教授)。「喜能会之故真通」上中下全巻の絢爛豪華なカラー図版を収録するとともに、北斎が絵に込めた意図を読み解く。第一話「若殿と奥女中の話」、第二話「搗屋の話」、第三話「炬燵にあたる夫婦の話」、第四話「若後家と養子息子の話」、第五話&第六話「蛸と海女の話」と厳選した五図を取り上げ、江戸時代の文化と肉声を解読するための作品。

【ご注意】 ※この作品は一部カラーです。

同じジャンルの書籍から探す

1794 三浦綾子 電子全集 千利休とその妻たち(下) ワンダーキッズペディア22 生活と文化2 〜身のまわりのなぞを知る〜 大正野球娘。3 〜帝都たこ焼き娘。〜 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖11 慚愧の赤鬼 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖98 番外編の弐 昨夜(こぞ)の月 夢幻∞シリーズ つくもの厄介11 嘉暮れ里(かくれざと) 国芳一門浮世絵草紙3 鬼振袖 恋女房 八丁堀強妻物語〈四〉 脱藩さむらい 切り花 隠し目付服部半蔵「遠国御用組」始末2 イスパニアの陰謀 土下座奉行 どげざ禁止令 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖23 白狐 勘定侍 柳生真剣勝負〈七〉 旅路 六点鐘は二度鳴る 自選短篇集 歴史ミステリー編2 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖60 首無し鬼

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/