ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ

ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ

堀文子

本体1170円 + 税

読む

内容紹介

日本画家・堀文子、99歳のメッセージ。

 2017年に白寿を迎えた日本画家の堀文子さん。画壇に属さず、自然を師と仰ぎ、自由に、自己流で描き続ける堀さんには全国に多くのファンがいます。今年で99歳になるも、「歳を取ったから偉いなんて、冗談じゃない。去年より今年のほうが偉いなんて、そんな馬鹿なことがありますか」と語る堀さんは、つねに現在(いま)を生き続けてきた日本画家です。
「人の一生は毎日が初体験」「安全な道には驚きはない」「安住は堕落」「息の絶えるまで感動していたい」。本書では、これまでに堀さんが発表したエッセイやインタビュー、そして初載録となる最近の発言などから、いのちを描き続けてきた画家が「最期に伝えたい」珠玉の言葉の数々を伝えます。
 書名の由来は、堀さんが74歳で描き、本書のカバーにもなっている「黄色くないひまわり」。頭に種をぎっしり実らせ、大地を見つめて直立するその姿から、死は決してみじめな終末ではなく、「生涯の華々しい収穫のときだ」ということを、堀さんは学びます。「いのち」を正面から見つめ続けてきた堀さんの言葉は、現代に生きる私たちに智恵と勇気を与えてくれます。

【ご注意】※この作品はカラー写真を含みます。

同じジャンルの書籍から探す

山口瞳 電子全集14 1969年 『なんじゃもんじゃ』 メタルカラーの時代15 町工場からノーベル賞まで アンヌ今昔物語 ウルトラセブンよ永遠に… 開高 健 電子全集10 もっと遠く!もっと広く! 逆説の日本史25 明治風雲編 日英同盟と黄禍論の謎 P+D BOOKS 浮世に言い忘れたこと ことばの心・言葉の力 メタルカラーの時代4 旅だから出逢えた言葉2 漂流怪人・きだみのる 歴史の夜咄(よばなし) 哈日杏子のニッポン中毒 日本にハマッた台湾人 トーキョー熱烈滞在記 中村憲剛の「こころ」の話 〜今日より明日を生きやすくする処方箋〜 マリコはたいへん! 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第2巻 ペルソナ 三島由紀夫伝 開高 健 電子全集16 生物としての静物/食卓は笑う

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/