翔べ!YS-11 世界を飛んだ日本の翼

翔べ!YS-11 世界を飛んだ日本の翼

横倉潤

本体1440円 + 税

読む

内容紹介

日本が生んだ傑作旅客機YS-11(イチイチ)の軌跡!

1962年、日本の翼は国民の夢と期待を乗せて、大空に舞い上がった。戦後初めて日本人の手で創られた旅客機YS-11は、北は稚内から、南は石垣島や与那国島まで、日本全国を駆けめぐる。そして、海外にも輸出され、アラスカでは凍てつくアリューシャン列島の島々を結び、アメリカでは首都ワシントンにも乗り入れた。アフリカではガボン共和国の大統領専用機として活躍した。そして、世紀を超えて、21世紀の東南アジアを飛ぶ。YSは、今も「昭和の浪漫」を乗せて日本の空を飛び続けているが、2006年までに日本のエアラインから姿を消す。40年以上前に開発されたメイド・イン・ジャパンの偉大な航跡を追いかける。

※【ご注意】この作品には図が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。
※この作品はカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

ヘドロパパのヨメイゲン 〜クズ夫に放つ嫁の名言&迷言〜 天皇論「日米激突」(小学館新書) 牙 〜アフリカゾウの「密猟組織」を追って〜 白土三平 カムイ伝の真実 これが本当の「忠臣蔵」 赤穂浪士討ち入り事件の真相(小学館101新書) 唐牛伝〜敗者の戦後漂流〜 世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団 ハワイで聞いた 心にひびくアロハな話15 さいはての中国(小学館新書) 池上彰の世界の見方 アメリカ〜ナンバーワンから退場か〜 バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ 合本版 逆説の日本史 古代・中世編 カルピスをつくった男 三島海雲 逆説のニッポン歴史観 どんな災害でもお金とくらしを守る 池上彰の世界の見方 ドイツとEU〜理想と現実のギャップ〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2020 8/12 水曜日
  • P+D BOOKS 海軍/獅子文六
  • P+D BOOKS 東京セブンローズ(下)/井上ひさし