歌集 じゃんけんできめる

歌集 じゃんけんできめる

著/山添聖子

著/山添葵

著/山添聡介

本体1530円 + 税

読む

内容紹介

【ご注意】※この電子書籍は紙の本のイメージで作成されており、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

類まれな想像力と繊細な洞察力。

朝日新聞内の短歌投稿欄「朝日歌壇」にて、2012年ごろより常連として掲載され「とても沁みる」と話題の母子3人による初短歌集。
聡介さんが小学一年生の時に詠んだ短歌は、2022年「折々のことば」にても選出され、注目が集まりました。

圧倒的な鮮やかさで世界を表現し、朝日歌壇に累計250回以上選ばれている親子の短歌から、約430首を厳選して掲載。


【母・聖子の歌】
新しい教祖のように迎えられ麩をちぎる子に鯉のざわめく

【姉・葵の歌】
弟の「ん」はいったんもめんだよ夜になったらとんでいきそう

【弟・聡介の歌】
ふうせんが九つとんでいきましたひきざんはいつもちょっとかなしい


学校生活での驚き、発見、家庭内で感じた喜び、寂しさ——「短歌」の形になることで、詠み手の一瞬の感情が、時間を越えて読者の手元で解凍されます。

3人の歌は2012年から2022年までの年ごとに並んでおり、
姉弟が短歌とともに成長している様子にも心を揺さぶられます。

巻末には、自宅で創作に励む子供たちの日常を取材したインタビュー記事も収録。

(底本 2022年9月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

孤独の俳句 〜「山頭火と放哉」名句110選〜(小学館新書) 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) 永遠の詩08 八木重吉 永遠の詩06 宮沢賢治 永遠の詩04 中原中也 短歌のガチャポン 福永武彦電子 全集20 日記と自筆物に見る福永武彦。 永遠の詩02 茨木のり子 永遠の詩05 石垣りん ドラえもん短歌 金子兜太 いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」 ラインマーカーズ 〜The Best of Homura Hiroshi〜 ありがとうのかんづめ〜子育て短歌ダイアリー〜 三浦綾子 電子全集 白き冬日 たんぽぽの日々 〜俵万智の子育て歌集〜 詩人になりたいわたしX

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/