モーツァルトを聴く人

モーツァルトを聴く人

詩/谷川俊太郎

絵/堀内誠一

本体800円 + 税

読む

内容紹介

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

詩は音楽に恋してる。

収録作品は以下の通り。第一章「モーツァルトを聴く人」(1995年/小学館刊)19篇。
第二章「絵本・ピアノのすきな王さま」架空の国を舞台にした「音楽」がテーマの傑作絵本(谷川+堀内コンビによる未刊行の作品/初出は、1981年。ヤマハが愛好家向けに配布した「ピアノ小読本」に収録された幻の絵本作品カラー32ページ)
第三章「谷川俊太郎・音楽詩選」モーツァルトと音楽をめぐる名詩27篇(うち、二篇書き下し=「急がないモーツァルト」「いい天気」)。書き下しの一篇は以下の通り。
    *

急がないモーツァルト

石畳の道に足音が響く/姿は見えないがモーツァルトだ/
嬉しいことがあったのだろう/歩きに笑いがひそんでいる

建物から女が出て来る/慇懃に挨拶してすれちがう/
短い旋律が生まれかけたが/すぐ小さなつむじ風に紛れる

永遠が日々の暮らしに微笑みかける/楽しみは哀しみに気づいている/
ピアノの黒鍵と白鍵が/黒白を問わない和音を生む

休止符に宿る人の心は/世界の喧騒を許している/
地球が今日も自転している/モーツァルトは立ち止まらない


このオリジナル文庫は『音楽の肖像』の続篇として構想された。本文中に新発見の堀内誠一によるカット十数点も収録。40年の時を経て原画が発見された幻の傑作絵本をオールカラーで収録。2022年1月から全国各地で堀内誠一展開催される予定。

※この作品はカラーが含まれます。

(底本 2022年1月発行作品)

同じジャンルの書籍から探す

想い出の昭和型板ガラス 〜消えゆくレトロガラスをめぐる24の物語〜 養老孟司の旅する脳 狼たちへの伝言 希望という名のアナログ日記 永遠の詩07 萩原朔太郎 島旅ひとりっぷ 旅だから出逢えた言葉 メール内「男心」連絡網2 「なんとなく不調」をなくす大人の鍵ハモLesson 永遠の詩03 山之口貘 いつでも母と 自宅でママを看取るまで 三浦光世 電子選集 夕映えの旅人 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 食の達人たち フードストーリー 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第16巻 高橋たか子 エッセイ1『魂の犬』ほか うさたまのオバ化注意報 Dear…, 私、なつきのHollywoodまでのお話

次回配信の予定

2024 2/26 月曜日
  • 週刊ポストGOLD 新NISAで儲ける 決定版
  • 「熟議」で日本の教育を変える ~現役文部科学副大臣の学校改革私論~/鈴木寛

2024 2/27 火曜日
  • 小学館版 学習まんが人物館 伊能忠敬/柴崎侑弘、星埜由尚
  • 小学館版 学習まんが人物館 土方歳三と新選組/星野泰視、落合弘樹
  • 小学館版 学習まんが人物館 藤原道長/田中顕、大野智史、倉本一宏

2024 2/28 水曜日
  • 君を守ろうとする猫の話/夏川草介
  • ドラえもん学びワールド おもしろいぞ!天体観測/藤子・F・不二雄、藤子プロ、懸秀彦
  • ドラえもん学びワールド 音楽をはじめよう/藤子・F・不二雄、藤子プロ、久保田慶一
  • ドラえもん学びワールドスペシャル はじめての料理/藤子・F・不二雄、藤子プロ、上田淳子
  • 1フランの月/安西水丸

2024 2/29 木曜日
  • トキワ荘の遺伝子 -北見けんいちが語る巨匠たちの横顔-/北見けんいち、小田豊二、鈴木総一郎、長崎尚志
  • リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。/つぶやきシロー
  • 「烈女」の一生/はらだ有彩
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/