池上彰の世界の見方 フランス 〜うるわしの国の栄光と苦悩〜

池上彰の世界の見方 フランス 〜うるわしの国の栄光と苦悩〜

池上彰

本体1350円 + 税

読む

内容紹介

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

自由・平等・友愛の国でなぜテロや暴動が?

ルーブル美術館やオルセー美術館が立ち並び、エッフェル塔やノートルダム大聖堂がそびえるパリは世界一の観光都市。そしてパリを首都とするフランスは世界で最も多くの観光客が訪れる国である。
そしてフランスは住民の1/3がルーツをたどれば移民系という移民大国でもあり、差別や格差から、移民による暴動がたびたび起きている。
また公共交通機関は繰り返しストライキを起こしているが、国民はストライキに寛容である。
このようなフランスはどうやって成り立っているのか。また、現在抱えている課題にはどのようなものがあるのか、さまざまな視点から見ていきます。
本書は、「ストライキと革命から見るフランス」「政教分離から見るフランス」「移民問題から考えるフランス」「『教育のエリート主義』から見るフランス」「軍事大国フランスの外交戦略」といった全く異なる章立てで構成。いろいろな角度からフランスを見ることで、その栄光から影の部分まで、まるごと理解できます!

暁星中学校・高等学校(東京都千代田区)での白熱授業を書籍化しました。

(底本 2023年10月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇 上巻 28人の幸せ離婚〜あなたに似た彼女〜 最終回 外交の大問題(小学館新書) 逆説の日本史19 幕末年代史編2/井伊直弼と尊王攘夷の謎 宮脇俊三 電子全集21『鉄道に生きる人たち/ダイヤ改正の話』 北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか(小学館101新書) 娘が東大に合格した本当の理由 高3の春、E判定から始める東大受験(小学館101新書) 小学館ジュニア文庫 ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編 まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない 笑おうね 生きようね 〜いじめられ体験乗り越えて〜 復興増税の罠(小学館101新書)  中村吉右衛門 舞台に生きる 〜芸に命を懸けた名優〜 いのちのギフト〜犬たちと私から送る勇気のエール〜 万博の歴史〜大阪万博はなぜ最強たり得たのか〜 ダンプ松本『ザ・ヒール』 〜極悪と呼ばれて〜

次回配信の予定

2024 7/24 水曜日
  • オバちゃんオジさんがキレやすいのは 昭和のICチップのせいだから ~レモンさん流怒りのコントロール術~/山本シュウ(レモンさん)
  • キッズペディア 身近で発見!「激レア」図鑑/岡部敬史

2024 7/25 木曜日
  • うつくしいってなに?/最果タヒ、荒井良二

2024 7/26 金曜日
  • 庄野潤三電子全集 第11巻 1995~1998年「貝がらと海の音」ほか/庄野潤三
  • こころの輪 オリンピック編 世界で戦うアスリートのくじけないメンタルをつくる24のヒント/阿部詩、阿部一二三、池江璃花子、山縣亮太
  • こころの輪 パラリンピック編 パラアスリートが教える壁を乗りこえるための24のヒント/池透暢、道下美里、山本篤
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/