シン・談志が死んだ 立川流はどこへ行く

シン・談志が死んだ 立川流はどこへ行く

著/立川談志

著/落語立川流一門

本体2070円 + 税

読む

内容紹介

談志は死んだが、その言葉は今も生きている。

家元曰く「落語とは、人間の業の肯定である」。
「自我は非常識を凌駕する」。
1983年に立川談志が「落語立川流」を創設してから40年。家元・談志がこの世を去って12年。家元の残した数々の言葉や生き方は、現在の一門にどのような影響を与えているのか。家元亡きあとの立川流は、どこへ向かおうとしているのか。
土橋亭里う馬、立川談四楼、ぜん馬、龍志、談之助、志の輔、談春、志らく、生志、雲水、キウイ、志遊、談慶、談笑、談修ら、立川流の真打総勢31名と、二ツ目総勢22名、さらに談志が生前に弟子と認めた野末陳平、毒蝮三太夫、高田文夫を加えた56名によるオール書き下ろしで、家元の思い出から立川流の未来まで、寄ってたかって語り尽くす。
談志から見て孫弟子の真打、曾孫弟子の二ツ目も生まれているが、直弟子でない彼らも、家元の言葉や発想に惹かれ、あるいは家元の影響を受けまくった自分の師匠に心酔して、芸や人生に生かそうとしている。立川流にとどまらず、落語界全体の将来を展望する上でも必読の書。

(底本 2023年11月発売作品)

同じジャンルの書籍から探す

池上彰と学ぶ日本の総理  第2号 田中角栄 前田義子の勇気リンリン!強運生活 荒野の古本屋 70歳のたしなみ 「ルンバ」を作った男 コリン・アングル「共創力」 中村吉右衛門 舞台に生きる 〜芸に命を懸けた名優〜 レキタン! 5 源義経と安宅の関 小学館 学習まんがシリーズ 開高 健 電子全集13 40代エッセイ大全 愛は愛とて何になる 小学館版 学習まんが人物館 伊藤博文 電脳のサムライたち2 孫正義 書くインタビュー 2 ゴッドドクター 徳田虎雄 小学館版 学習まんが人物館 ゴッホ ハワイで聞いた 心にひびくアロハな話15 カミカゼの幽霊 〜人間爆弾をつくった父〜

次回配信の予定

2024 6/20 木曜日
  • さがして!みつけて!世界で旅あそび/しんたにともこ

2024 6/21 金曜日
  • いつもとちがう水よう日/丸山陽子
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/