真田昌幸 徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌

真田昌幸 徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌

編/黒田基樹

本体1440円 + 税

読む

内容紹介

大河「真田丸」時代考証者による真田昌幸論。

 戦国大名研究でつとに知られ、2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の時代考証も務める歴史学者・黒田基樹氏が、信濃国小県郡の国衆(小領主)に過ぎなかった真田昌幸がいかにして上杉・北条・徳川といった戦国大名たちと渡り合い、大名へとのぼりつめていったのかを、膨大な史料で明らかにしていく、渾身の真田昌幸論。
 長兄・次兄の死により家督を継いだ昌幸は、北条氏と熾烈な抗争を繰り広げながら、上杉景勝、徳川家康、羽柴秀吉と次々と主君を乗り換え、最後は豊臣大名へとのしあがる。その陰にあった細かな調略の数々を、著者は丹念に読み解いていく。そこから浮かび上がってくるのは、存続をかけて智略を尽くす、大名と国衆のリアルな姿である。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

だれも私たちに「失格の烙印」を押すことはできない もっと知りたい! 大谷翔平 〜SHO−TIME観戦ガイド〜(小学館新書) これからの競馬の話をしよう(小学館新書) カルピスをつくった男 三島海雲 メタルカラーの時代6 ロケット深海艇の挑戦者 教会と千歳飴 〜日本文化、知恵の創造力〜 声をたどれば 文豪たちの関東大震災体験記(小学館101新書) 自民党の統一教会汚染2 山上徹也からの伝言 タイワニーズ 故郷喪失者の物語 時間の日本史 〜日本人はいかに「時」を創ってきたのか〜 池上彰の世界の見方 ドイツとEU〜理想と現実のギャップ〜 学習まんが はじめての日本の歴史5 南北朝の戦い わたしからはじまる 〜悲しみを物語るということ〜 三浦綾子 電子全集 細川ガラシャ夫人(上) 犬から聞いた素敵な話〜涙あふれる14の物語

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/