ポケットに物語を入れて

ポケットに物語を入れて

角田光代

本体670円 + 税

読む

内容紹介

〈本〉が〈物語〉が、私たちを呼んでいる。

《新刊書店で、あるいは古本屋で、作者も作品名も聞いたことがないのに、興味を引かれる本に出合ったとする。その本は確実に私を呼んでいる。手にとってしまう。レジに持っていってしまう。帰りの電車のなかで読み出して、びっくり仰天する。著者もタイトルも知らなかったことが不思議に思えるほど、自分にぴったんこの本なのだ。》
ネットよりもリアル書店を愛する著者が、心に残る本の数々を紹介する見事な読書案内。
宮沢賢治・太宰治から開高健・池澤夏樹に始まり、佐野洋子・山田太一、そして江國香織・井上荒野まで、「思わず読みたくなる」名エッセイ50篇を収録。

同じジャンルの書籍から探す

旅だから出逢えた言葉 3 韓国「反日街道」をゆく〜自転車紀行1500キロ〜 山下洋輔の文字化け日記 中上健次 電子全集7 『紀州熊野サーガ4 変成する路地世界 その内部と外部』 三浦光世 電子選集 三浦綾子創作秘話 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 西原理恵子がマンガで伝授!面白い悪口の作り方 ~人気作家の創作の極意3~ ひげの殿下日記 〜The Diary of the Bearded Prince〜 人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか 〜女二人の手紙のやりとり〜 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第24巻 高橋たか子 エッセイ4『終りの日々』ほか メール内「男心」連絡網2 ダンプ松本『ザ・ヒール』 〜極悪と呼ばれて〜 水と森の聖地 伊勢神宮 山口瞳 電子全集13 1968年 『わが町』 女の名前 宿命の子〜笹川一族の神話〜 山口瞳 電子全集2 『男性自身 II 1968〜1971年』

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/