竹と樹のマンガ文化論(小学館新書)

竹と樹のマンガ文化論(小学館新書)

著/竹宮惠子

著/内田樹

本体740円 + 税

読む

内容紹介

内田樹×竹宮惠子の目ウロコ初対談。

 内田樹と竹宮惠子の初対談。日本のマンガはなぜグローバルになったのか?よくある質問だが、誰も言わないことを言う内田樹と、少女マンガの常識を打ち破ってきた竹宮惠子は、思いがけない理由を次々とあげる。核心になるのは「オープンソース」。マンガは描き手が次々生み出す手法をコンピュータのOSのように公開し、誰が使ってもいい許容の中で成長してきたからすたれない、と言う。
 ふたりは共に1950年生まれ。戦後マンガの黄金時代の始まりと成長期がぴったり重なった世代で、人生が変わるくらい大きな影響を受けた。マンガ家とヘビー・リーダーに分かれたが、共に大学教授になるなど、じつは共通点が多い。奥深いマンガ界に迫る「竹と樹の詩」ならぬ「竹と樹のマンガ論」。

同じジャンルの書籍から探す

子宮会議 書くインタビュー 3 高田文夫の大衆芸能図鑑 明治人の姿(小学館101新書) 山口瞳 電子全集14 1969年 『なんじゃもんじゃ』 闇を叩く 山口瞳 電子全集5 『男性自身 V 1980〜1983年』 命をくれたキス 「車椅子の花嫁」愛と自立の16年 樋口裕一がマンガで伝授!頭がいい人の創作術 ~人気作家の創作の極意4~ マリコはたいへん! 三浦光世 電子選集 綾子へ 〜妻・三浦綾子と歩んだ40年〜 開高 健 電子全集19 最後のエッセイ大全 私たちには物語がある アメリカなう。 瞳さんと Ise Jingu and the Origins of Japan

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 1/25 金曜日
  • 人工知能~その到達点と未来~/中島秀之(著・編)丸山宏(著・編)浅田稔(著)麻生英樹(著)池上高志(著)橋田浩一(著)松尾豊(著)松原仁(著)
  • そして8日目に愛を謳った。/沖田円(著)爽々(イラスト)
  • 太陽と月の眠るところ 紫微国妖夜話/宮池貴巳(著)由羅カイリ(イラスト)
  • BANANA FISH #2/小笠原みく(著)吉田秋生(原作)瀬古浩司(脚本)Project BANANA FISH(監)
  • 合本版 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」全16巻/猪瀬直樹