パイプのけむり選集 味

パイプのけむり選集 味

團伊玖磨

本体620円 + 税

読む

内容紹介

名エッセイから『味』な話を選りすぐり!

日本を代表する作曲家團伊玖磨さんが36年にわたって書き続けた名エッセイ『パイプのけむり』シリーズから選りすぐった作品集第4弾のテーマは味。和食、中華、フレンチ、イタリアンはては中近東まで、グルマンで好奇心旺盛な著者が世界中で咀嚼した食物とエピソードをウィットに富んだ筆で綴った傑作エッセイ集。「だけれど、この頃一つだけ西洋に来たときに食いたい物が僕にはあるんだ」「なんだい」「洋食だよ。洋食」「おう、洋食屋の洋食だ」(『洋食』より)、「唐津の藻屑蟹と上海の藻屑蟹を較べてみた。おおざっぱに見て、それは殆ど変わらなかった。ただし、甲の前部の両眼の間には、明確な差があった。唐津のものは平坦、上海のものには四つの棘があった」(『蟹の甲』より)、「パレルモでの最後の夜、美和子さんが突然、海岸に牡蠣を食べに行こうと言い出した。「牡蠣って、生の牡蠣」と僕が訊いた。「そうよ、美味しいのよ」と彼女はすましている。「でも今は八月で夏の最中だし、Rの付かない月には生牡蠣は食べないことになっている」と僕は言った。「でもね、此処ではRは関係ないのよ、字の読めない人が多いから」(『R』より)。

同じジャンルの書籍から探す

その恋はビジネス的にアウト 三浦綾子 電子全集 孤独のとなり 上を向いて歩こう 奇跡の歌をめぐるノンフィクション 月の下のカウンター ゆめいらんかね やしきたかじん伝 ゴー宣・暫二 中上健次 電子全集13『紀州熊野サーガ5 虚構空間の更新と移動』 デリヘルはなぜ儲かるのか 中上健次 電子全集2 『紀州熊野サーガ2 オリュウノオバと中本の一統』 合本版 逆説の日本史 古代・中世編 山口瞳 電子全集24 1987〜1988年『行きつけの店』 自閉症の息子 ダダくん11の不思議 福永武彦 電子全集9  『完全犯罪』、推理小説の領域。 山口瞳 電子全集11 1965年 『結婚します』 旅する清志郎。 ジョージカックルのWELL WELL WELL〜スローでメローな人生論〜

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 1/26 水曜日
  • 朱より赤く~高岡智照尼の生涯~/窪美澄

2022 1/28 金曜日
  • サラバ 上・中・下巻 合本版/西加奈子
  • サラバ! 上/西加奈子
  • サラバ! 中/西加奈子
  • サラバ! 下/西加奈子
  • あおい/西加奈子
  • きいろいゾウ/西加奈子
  • こうふく みどりの/西加奈子
  • こうふく あかの/西加奈子
  • さくら/西加奈子
  • サムのこと 猿に会う/西加奈子
  • 読んで、旅する。旅だから出逢えた言葉 3/伊集院静
  • 小学館ジュニア文庫 小説 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記/藤子・F・不二雄、福島直浩、清水東、大杉宜弘
  • 小学館ジュニア文庫 姫さまですよねっ!?~姫さまVS.暴君殿さまVS.忍者 大坂城は大さわぎ!~/ソウマチ、七海喜つゆり
  • 小学館ジュニア文庫 リアル鬼ごっこ セブンルールズ/江坂純、山田悠介
  • 官能文学電子選集 阿部牧郎『夜のオフィス』/阿部牧郎
  • 官能文学電子選集 岡江多紀『夜はシルクの肌ざわり』/岡江多紀
  • 官能文学電子選集 川上宗薫『肌色あつめ』/川上宗薫
  • 官能文学電子選集 団鬼六『新・修羅の花道』/団鬼六
  • 官能文学電子選集 睦月影郎『聖泉伝説』/睦月影郎
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第6巻 高橋たか子 小説3『空の果てまで』ほか/高橋たか子