食と酒 吉村昭の流儀

食と酒 吉村昭の流儀

谷口桂子

本体660円 + 税

読む

内容紹介

人気作家・吉村昭に迫る書き下ろし文庫。

没後15年を経て、
いまだに広く愛読されている国民的作家、吉村昭。

膨大な史料の博捜と綿密な取材で、
日本人の知られざる歴史と
庶民の生活を描いた作家の唯一の楽しみは、
「食べること、呑むこと」だった。

吉村昭と、夫人で芥川賞作家の津村節子の生活の細部を、
二人が書いた随筆、小説、対談などから紐解いて、
吉村昭が愛した日本の食と酒、
そして取材旅行で訪れたさまざまな町の味を紹介する。

吉村文学の原点である戦争体験と療養生活、
夫婦で北海道をさすらった不遇時代の記憶などが、
吉村昭の「食と酒」への執着とどう関わっていたのか。

下町に生まれ、
人との関わりを何よりも大切にした吉村昭にとっての
「いい旅、いい味」とは何だったのか。
夫婦ともに多忙な作家だった吉村家の毎日の献立は? 

吉村昭の食と酒、そして旅を通じて浮かび上がる夫婦の絆と愛情を、
作家・谷口桂子があますところなく記す、完全書き下ろし文庫。

巻末解説は吉村昭と交友があった直木賞作家、出久根達郎氏。

同じジャンルの書籍から探す

週刊ポストsepia 昭和のカリスマ 128の名言 おれたちをまたぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊 危機の読書(小学館新書) 三浦綾子 電子全集 言葉の花束―愛といのちの792章 池上彰と学ぶ日本の総理 第24号 犬養毅 職業としてのヤクザ(小学館新書) 台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回〜このルートで回れば、ムダなくムリなく大充実〜 レキタン! 1 徳川家光と参勤交代 小学館 学習まんがシリーズ 池上彰と学ぶ日本の総理 第10号 大平正芳 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論 上巻 生きることの発明 自民党の統一教会汚染2 山上徹也からの伝言 誰にだって言い分があります(小学館新書) パチンコ「30兆円の闇」 武器としての経済学 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/