知らないと損する給与明細(小学館新書)

知らないと損する給与明細(小学館新書)

大村大次郎

本体780円 + 税

読む

内容紹介

税務署員もやっている手取り増額術を公開!

 ビジネスパーソンなら、毎月必ずもらっている給与明細。しかし、実際には、総支給額と振込金額だけ確認してあとはポイッ、としている人の方が多いはず。それぞれの数字の意味を理解している人は少ない。その内容を知らないということは、実はそれだけで大損しているのだ。
 給与明細には、収入だけでなく、貯蓄、税金、社会保障に関する情報が満載だ。この情報をうまく生かすことができれば、収入を増やしたり、支出を減らしたり、試算を大きくすることも可能なのだ。
 実際に支給されている額から、様々なものが天引きされている。税金や社会保険料がその代表だ。その天引きされているものを減らせば、手取りは増えるのだ。
 多くのビジネスパーソンは「会社がすべてをやってくれる」と思い込んでいることだろう。しかし、そうではない。会社は「最低限度のこと」しかやってくれない。ビジネスパーソンが使える所得控除13種類のうち、会社がやってくれるのは3〜4種類に過ぎない。会社は税務署の代わりに、税務署の指示通りに社員から税金を取り立てているに過ぎないのだ。
 自分の給料をきちんとマネージメントするだけで、汲々とした生活が一新できるのだ。

【ご注意】※この作品は図表が含まれるため、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

同じジャンルの書籍から探す

「お金」と「時間」で考える副業の始め方 大前語録 勝ち組ビジネスマンになるための88か条 専業禁止!! 〜副業したら本業成果が上がる仕組み〜 マンガで体験! 人気の仕事〜小学生のミカタ〜 幸せな職場の経営学 〜「働きたくてたまらないチーム」の作り方〜 人たらしの極意(小学館101新書) 自分史上最高の働き方がわかるワーク 〜職場の人間関係をスムーズに!〜 問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい 平社員会計学 虹色チェンジメーカー 〜LGBTQ視点が職場と社会を変える〜(小学館新書) カイシャ語 使える!大人のコトバ辞典 シゴトのココロ 「貯金ゼロ、知識ゼロ、節約ゼロ」でも大丈夫!“もしも”に備える新しいお金の使い方 まんがでわかる 楽天と起業家三木谷浩史 ポートフォリオワーカー 〜「副業より複業」で幸せなお金持ちになる方法〜 会社は不平等!! だから必要 可愛がられルール(小学館101新書) 新・仕事力〜「テレワーク」時代に差がつく働き方〜(小学館新書)

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 10/20 水曜日
  • クイズでわかる! 世界の国と国旗~小学生のミカタ~/陰山英男
  • ボーダーライト/今野敏

2021 10/21 木曜日
  • 棺桶出せるか ~田沼家の快適リフォーム顛末記/田沼武能、田沼敦子
  • で、やせたの? ~まんがでもわかる人生ダイエット図鑑~/野原広子、有田リリコ
  • わが子がやる気になる伝え方 ~性格3タイプ別の声がけで自己肯定感が高くなる~/稲場真由美

2021 10/22 金曜日
  • 官能文学電子選集 藍川京『紅蕊日記』/藍川京
  • 官能文学電子選集 菅野温子『脱皮』/菅野温子
  • 官能文学電子選集 館淳一『背徳の眩暈』/館淳一
  • 官能文学電子選集 丸茂ジュン『痴女伝説』/丸茂ジュン
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第3巻 高橋和巳 小説2『悲の器』ほか/高橋和巳