三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ

三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ

三浦綾子

本体500円 + 税

読む

内容紹介

作家としてものを書く姿勢、自作に寄せる思いなどを綴ったエッセイ集。

「私は精一杯力をこめて書いた。その災難に死んで行った人のことを思い、後に残された人の辛さを思い、時には声を詰まらせながら口述した。筆記する三浦も涙をぬぐいながら筆記した。」(「小説『泥流地帯』を回顧して」)。自作を書き終わっての感想などを綴った「作品と私」、小説のタネ、登場人物の名前など執筆時の裏話などを綴った「私にとって書くということ」、文学者論などを集めたエッセイ集。

「三浦綾子電子全集」付録として、夫・光世氏のエッセイ「戦後六十年と企画展」を収録!

同じジャンルの書籍から探す

「烈女」の一生 テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅 三浦綾子 電子全集 明日をうたう―命ある限り 池上彰と学ぶ日本の総理 第16号 山縣有朋 吉祥寺デイズ うまうま食べもの うしうしゴシップ 小学館版 学習まんが人物館 伊藤博文 池上彰と学ぶ日本の総理 第6号 鳩山一郎 小学館版 学習まんが人物館 ルイ・ブライユ 小学館版 学習まんが人物館 大久保利通 いのちの使いかた【新版】 十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争 虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書) 一度は読んでおきたい現代の名短篇 万事正解 開高 健 電子全集8 30代エッセイ大全 お手本なしの人生「1リットルの涙」亜也の詩

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/