開高 健 電子全集11 新しい天体/最後の晩餐

開高 健 電子全集11 新しい天体/最後の晩餐

開高健

本体1000円 + 税

読む

内容紹介

グルメ(美食家)、グルマン(大食漢)として知られた開高健が自らの舌と胃袋で研鑽を積んで書き上げた『新しい天体』と『最後の晩餐』の2作を収録。

「味覚をペンでなぞることは小説家にとってはたいへん勉強になる」と開高健は『最後の晩餐』(1979年文藝春秋社刊)のあとがきに書いている。と同時に「いざ手がけてみると、これが実に至難の業であることをしたたかにさとらされてヘソを噛んだ」とも告白している。その至難の業に果敢に取り組んだ成果が『新しい天体』(1974年潮出版社刊)であり『最後の晩餐』である。グルメ(美食家)として、またグルマン(大食漢)として知られた開高健が自らの舌と胃袋で研鑽を積んで書き上げた作品であり、開高健が食について書いた作品の双璧ともいわれる。この2作品の他に食関係のエッセイ15編も収録。

【収録数】17本 付録:担当編集者による回顧談など2点

同じジャンルの書籍から探す

おれたちを笑うな! わしらは怪しい雑魚釣り隊 奇跡の歌〜戦争と望郷とペギー葉山〜 中上健次 電子全集19『全対話集 I』 山口瞳 電子全集12 1966〜1967年『結婚しません』 色いろ花骨牌 いつでも母と 自宅でママを看取るまで ニッポンお宝食材 〜風土がつくり、人が育てる郷土のお取り寄せ帖〜 シン・談志が死んだ 立川流はどこへ行く ドラことば〜心に響くドラえもん名言集〜 Dr.瀬戸上の離島診療所日記 〜Dr.コトーのモデル〜 都知事失格 一日の苦労は、その日だけで十分です モヤ対談 栗本薫・中島梓傑作電子全集9 [エッセイ] パリわずらい 江戸わずらい 三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/