中上健次 電子全集19『全対話集 I』

中上健次 電子全集19『全対話集 I』

中上健次

本体1946円 + 税

読む

内容紹介

梅原猛、角川春樹、吉本隆明、石川好・・・文学、歴史、思想等について中上健次が熱く語る対談集を完全収録。

『君は縄文人か弥生人か』の対談相手・梅原猛とは、晩年近くに交友があった。死の半年前の1992年5月、故郷・和歌山県新宮市で、中上は梅原、原田芳雄(俳優)らを招いて、御燈祭りセミナーを企画したが、腎臓癌治療のため慶応病院に緊急入院、やむなく参加を見合わせることになった。
『俳句の時代』は、角川春樹との3回の対談。サブタイトル「遠野・熊野・吉野 聖地巡礼」の通り、場所を移して行われた。中上健次の紀州熊野サーガ(物語群)の符牒「(夏)芙蓉」をめぐって角川は、自らの「言語感覚」との共通点を、「キーワードは〈芙蓉〉なんだよ」の一言に集約させている。中上健次は、熊野大学定例の俳句吟行では、専ら講評に徹したが、現代作家には珍しい本格的な俳句鑑賞者だった。
『解体される場所』は吉本隆明、三上治との鼎談で、昭和の終焉後に行われた。ここでの解体される場所とは、旧左翼的な尻尾を引きずった戦後思想、文学の理念のことであり、またサブカルチャー的なものに浸透された文化の総体も指していた。
その他、ノンフィクション作家・石川好との対談『アメリカと合衆国の間』、各種インタビューも収録。

【ご注意】※お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ6 マギー 夢幻∞シリーズ 婚活!フィリピーナ7 リッチェル ホーリー・カウ ドラマ 失恋ショコラティエ 後篇 余命3000文字 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖84 強請(下) インディゴをさがして 運命のひと ばぁば 92年目の隠し味〜幸せを呼ぶ人生レシピ〜 図書室の神様たち 駄犬道中おかげ参り 三浦綾子 電子全集 草のうた 浅草弾左衛門 第四巻 (幕末躍動篇・下) さよなら、田中さん マザー 介護はつらいよ

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 1/26 水曜日
  • 朱より赤く~高岡智照尼の生涯~/窪美澄

2022 1/28 金曜日
  • サラバ 上・中・下巻 合本版/西加奈子
  • サラバ! 上/西加奈子
  • サラバ! 中/西加奈子
  • サラバ! 下/西加奈子
  • あおい/西加奈子
  • きいろいゾウ/西加奈子
  • こうふく みどりの/西加奈子
  • こうふく あかの/西加奈子
  • さくら/西加奈子
  • サムのこと 猿に会う/西加奈子
  • 読んで、旅する。旅だから出逢えた言葉 3/伊集院静
  • 小学館ジュニア文庫 小説 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記/藤子・F・不二雄、福島直浩、清水東、大杉宜弘
  • 小学館ジュニア文庫 姫さまですよねっ!?~姫さまVS.暴君殿さまVS.忍者 大坂城は大さわぎ!~/ソウマチ、七海喜つゆり
  • 小学館ジュニア文庫 リアル鬼ごっこ セブンルールズ/江坂純、山田悠介
  • 官能文学電子選集 阿部牧郎『夜のオフィス』/阿部牧郎
  • 官能文学電子選集 岡江多紀『夜はシルクの肌ざわり』/岡江多紀
  • 官能文学電子選集 川上宗薫『肌色あつめ』/川上宗薫
  • 官能文学電子選集 団鬼六『新・修羅の花道』/団鬼六
  • 官能文学電子選集 睦月影郎『聖泉伝説』/睦月影郎
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第6巻 高橋たか子 小説3『空の果てまで』ほか/高橋たか子