宮尾登美子 電子全集9『錦/美しきものへの巡礼』

宮尾登美子 電子全集9『錦/美しきものへの巡礼』

宮尾登美子

本体1400円 + 税

読む

内容紹介

宮尾登美子最後の長篇! 織物に懸けた男の物語『錦』と、職人を訪ね歩いたルポ・エッセイ。付録は加賀乙彦と川村湊の対談!

『錦』は京都・西陣の織元で、織物を芸術の域まで高めたと賞される初代・龍村平蔵をモデルにした小説だ。明治生まれの平蔵は斬新な織技法を編み出し、織物の世界に新風を巻き起こした。また法隆寺や正倉院などに伝わる古代裂(こだいぎれ)の研究に没頭、その復元にも努めた。小説では、織物に生涯をかけた菱村吉蔵を主人公に、吉蔵を支えた妻、妾、女性従業員らの献身と胸中も描き、吉蔵の一生が綴られる。宮尾が80歳から連載を始めた作品で、82歳の時に単行本として刊行、最後の長篇小説となった。この作品の発表後、宮尾の業績に対して菊池寛賞が贈られ、『錦』は親鸞賞も受賞した。
『美しきものへの巡礼』は、雑誌記者経験もある宮尾が手仕事の伝統を守る職人を取材、全国各地を巡り歩いたエッセイ。手毬、ケーキ、市松人形、打ち上げ花火、菊作りなど、宮尾がこよなく愛した美しきものを作り上げる職人の技に迫り、自身の忘れ得ぬ思い出も随所に織り込まれている。

付録は、宮尾が昭和48(1973)年に『櫂』で太宰治賞を受賞して以来、晩年まで親しく付き合った作家で精神科医の加賀乙彦と、文芸評論家の川村湊の対談を収録。宮尾が描いた男性像や宮尾の思い出について語り合う。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

白磁海岸 シャドウ 変身 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖63 駆ける童 中上健次 電子全集1 『紀州熊野サーガ1 竹原秋幸三部作』 三浦綾子 電子全集 愛の鬼才―西村久蔵の歩んだ道 P+D BOOKS 親鸞 2 法難の巻(上) 鬼嵐 ダンプ松本『ザ・ヒール』 〜極悪と呼ばれて〜 ドラゴン青年団 K-POP時代を航海するコンサート演出記 小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン) 金色の羽でとべ 築地魚河岸嫁ヨメ日記 ようこそ紅葉坂萬年堂 恋愛体験ノベル Almost True Story1 愛するカラダ【長編】 〜キャバ嬢OLアキの技巧と純情〜

次回配信の予定

2024 3/6 水曜日
  • ともだち/椰月美智子
  • ゴースト・ポリス/佐野晶
  • 転がる検事に苔むさず/直島翔
  • 日輪草 泥濘の十手/麻宮好
  • 煩悩ディスタンス/辛酸なめ子
  • 山に抱かれた家/はらだみずき
  • ロング・プレイス、ロング・タイム/ジリアン・マカリスター、梅津かおり
  • 帝都の隠し巫女 零れ桜が繋ぐ縁/柊一葉、條
  • 身代わり皇帝の災難~後宮の侍女ですが、また入れ替わった皇帝の代わりに命を狙われています~/松田詩依、NiKrome

2024 3/8 金曜日
  • あすは起業日!/森本萌乃
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/