立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』

立原正秋 電子全集24 『その年の冬 晩年』

立原正秋

本体1800円 + 税

読む

内容紹介

絶筆となった『その年の冬』と最後の書下ろし小説『帰路』。病と闘いながら綴った立原晩年の2作品を収録。

『その年の冬』は昭和54年10月18日から翌55年4月18日まで「読売新聞」に180回にわたって第一部が連載された。執筆中に体調を崩していた立原は4月8日に聖路加病院に入院。第1部の最終章は、ベッドの上での執筆だったが完結させる。この年の8月12日に亡くなった立原から第2部以降が記されることなかった。
物語は、京都の茶の宗家に後妻として嫁いだものの無為の日々を過ごす直子が、京都の大学で教鞭をとる深津との出会い、深津の住む小田原で新しい生活を始めるところまで描かれている。深津の親友として作家・東ケ谷という立原を彷彿とさせる人物が登場するが、彼は病を得ているのであった……。
『帰路』は最後の書下ろし作品として、立原作品には珍しく西洋を主舞台に、お互いの思いに気づきながらも離れていた美術商・大類と磯子が、ふたりだけの西洋旅行を通じ、割れない仲となっていく日々を描きながら、主に大類の目を通して、西洋文化圏に暮らした日本人の生きざま、その人たちの帰路をめぐる意見を通じ、日本を知ることは何か、西洋を知ることは何かを書こうとした意欲作であった。

付録として先輩作家として敬愛していた吉行淳之介氏のとの対談や、吉行氏による立原逝去への追悼エッセイ、長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十四」など関連エッセイ4作を収録。特別付録として、『きぬた』、『狂い花』の生原稿も収録。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

同じジャンルの書籍から探す

帝都の隠し巫女 夢幻∞シリーズ アンダー・ヘイヴン16 宝来晶の帰島 営繕さんの幸せドリル 〜あなたのそばにいる会社の“神さま”〜 負けくらべ 五峰の鷹 それいゆ文庫 憑かれた僕らはワケあり物件に癒されたい 〜足立不動産「沈められたファイル」〜 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖2 台所の龍 夢幻∞シリーズ 百夜・百鬼夜行帖60 首無し鬼 再発 十津川警部 海の見える駅 愛ある伊予灘線 愛と勇気を、分けてくれないか はぴまり 〜Happy Marriage!?〜 麻酔科医 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖28 蛇精 拝み屋カフェ 巡縁堂 苺畑の午前五時

次回配信の予定

2024 4/16 火曜日
  • 50万語を編む/松井栄一、佐藤宏

2024 4/17 水曜日
  • 小説 葬送のフリーレン ~前奏~/八目迷、山田鐘人、アベツカサ
  • 英語でDORAEMON 音声つき 2 ~バイリンガルコミックス~/藤子・F・不二雄、カン・アンドリュー・ハシモト
  • オバケや/富安陽子、鈴木のりたけ
  • すうちゃんはね/ほんだあきこ、千葉智江
  • フェス旅 ~日本全国音楽フェスガイド~/津田昌太朗
  • アドニスの声が聞こえる/フィル・アール、杉田七重
  • 終活シェアハウス/御木本あかり

2024 4/18 木曜日
  • 日本の一年、節目の一皿 二十四節気七十二候+行事いろいろ-食で季節を愛でる-/ワタナベマキ
abj

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。
ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp/