山口瞳 電子全集22 1983〜1984年『家族(ファミリー)』

山口瞳 電子全集22 1983〜1984年『家族(ファミリー)』

山口瞳

本体2000円 + 税

読む

内容紹介

『血族』の続篇、実父について綴った『家族』を始め、1983〜1984年に書かれた小説、エッセイ等65作品収録。

収録作品は、エッセイ「正直貧乏」(「朝日新聞」ほか1983年1月15日 サントリー広告より)から、エッセイ『温泉へ行こう』16「奥鬼怒、露店風呂めぐり」(「新潮45+」1984年12月)まで、1983年から1984年に発表された小説、エッセイ等65作品を初出掲載順に収録。

1981年5月より雑誌「旅」誌上(途中から「小説新潮」)で連載開始された、全国27箇所(当時)の公営競馬場を巡る紀行文「草競馬流浪記」は、1983年11月の第21話「旅の終わりの帯広、岩見沢」にて完結した。また、1983年5月「新潮45+」で予告篇「西伊豆早春賦」を皮切りに、全国の湯治場を“山口組”が巡る温泉紀行文『温泉へ行こう』の連載が開始。1983年10月「回想の中房温泉」から、1985年4月「呉越同舟、汪泉閣の宴のあと」(山口瞳電子全集23に収録予定)まで、予告篇を含め全21回の旅となった。

そんな多忙な日々の中、1984年4月に3年ぶりの長篇小説『家族(ファミリー)』が、書き下ろし作品として刊行される。この作品は、その中で書かれているように、「『血族』という小説を書いた。そうしてそこから押しだされるようにして父のことを考えずにはいられない立場に追いこまれる」こととなった山口瞳が、『血族』(実母の半生について書かれた私小説)の続編として、書かなければならなくなった作品であった。

付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録「草臥山房通信」(22)を寄稿。

同じジャンルの書籍から探す

三浦綾子 電子全集 言葉の花束―愛といのちの792章 九十九神曼荼羅シリーズ 百夜・百鬼夜行帖4 花の宴 教場 白をつなぐ 当選請負人 千堂タマキ 抱擁/この世でいちばん冴えたやりかた 夢幻∞シリーズ アンダー・ヘイヴン3 小さな王様 JK★ROCK ぼくたちと駐在さんの700日戦争9 完全版 学園ゴーストバスターズ 〜夏のおもいで〜 P+D BOOKS 親鸞 4 越後・東国の巻(上) ウォールデン 森の生活 下 P+D BOOKS ヘチマくん 下町ロケット ゴースト ぼくたちと駐在さんの700日戦争21 長崎新地中華街の薬屋カフェ

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2019 8/23 金曜日
  • 顔もお腹もV字アップ! ~50、60代になっても若返るすごいテクニック~/吉丸美枝子
  • かご伝 ~ナンタケットバスケット~/八代江津子
  • 「若者の性」白書 ~第8回 青少年の性行動全国調査報告~/日本性教育協会
  • 色川武大・阿佐田哲也 電子全集5 10年後のドサ健と坊や哲 『ドサ健ばくち地獄』『新麻雀放浪記』/色川武大、阿佐田哲也
  • 小学館ジュニア文庫 小説 イナズマイレブン オリオンの刻印3/江橋よしのり、日野晃博、レベルファイブ