島旅ひとりっぷ

島旅ひとりっぷ

松鳥むう

本体1170円 + 税

読む

内容紹介

次の旅は島に行こう!

日本の島旅を、島好きイラストレーター・松鳥むうがコミックエッセイで提案します。五島列島・福江島の教会で癒されたり、屋久島・口永良部島ではトレッキング&温泉三昧、南大東島では神秘の地底湖を探検、最北限の島・礼文島ではウニ丼に感激し、毎晩歌って踊る熱さ200%の宿に泊まったり。沖縄から北海道まで15の島を紹介。ひとりで旅をしていても気さくな島人と交流する中で“ひとりではない自分”に気付く著者ならではのひとり島旅のベストセレクションです。もちろんふたり以上の旅でもOK! 地図やアクセス方法・レストラン情報もあり、ガイドブックとしても重宝する一冊です。

※フィックス型EPUB47.2MB(校正データ時の数値)

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。
※この作品はカラーのページを含みます。

同じジャンルの書籍から探す

長野ノススメ 声地探訪 vol.3 新田恵海編 P+D BOOKS 都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト 車椅子から青空がみえる―歩けなくたって、恋もカヌーも、めいっぱい楽しむのが私の生き方 宮尾登美子電子全集19『女のあしおと/もう一つの出会い/地に伏して花咲く/女のこよみ/生きてゆく力』 太田和彦の居酒屋歳時記 下 いきなりパリジェンヌ 2泊3日でも楽しめる、おいし~いパリの生活情報 山口瞳 電子全集23 1985〜1986年『新東京百景』 開高 健 電子全集16 生物としての静物/食卓は笑う 三浦綾子 電子全集 永遠のことば Coloratura 世界のへんなおじさん 宮脇俊三 電子全集7 『中国火車旅行/韓国・サハリン鉄道紀行』 バカに唾をかけろ(小学館新書) 神社バイリンガルガイド 改訂版〜Bilingual Guide to Japan SHINTO SHRINES Second Edition〜 中上健次 電子全集19『全対話集 I』 『ぴあ』の時代

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2022 1/26 水曜日
  • 朱より赤く~高岡智照尼の生涯~/窪美澄

2022 1/28 金曜日
  • サラバ 上・中・下巻 合本版/西加奈子
  • サラバ! 上/西加奈子
  • サラバ! 中/西加奈子
  • サラバ! 下/西加奈子
  • あおい/西加奈子
  • きいろいゾウ/西加奈子
  • こうふく みどりの/西加奈子
  • こうふく あかの/西加奈子
  • さくら/西加奈子
  • サムのこと 猿に会う/西加奈子
  • 読んで、旅する。旅だから出逢えた言葉 3/伊集院静
  • 小学館ジュニア文庫 小説 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記/藤子・F・不二雄、福島直浩、清水東、大杉宜弘
  • 小学館ジュニア文庫 姫さまですよねっ!?~姫さまVS.暴君殿さまVS.忍者 大坂城は大さわぎ!~/ソウマチ、七海喜つゆり
  • 小学館ジュニア文庫 リアル鬼ごっこ セブンルールズ/江坂純、山田悠介
  • 官能文学電子選集 阿部牧郎『夜のオフィス』/阿部牧郎
  • 官能文学電子選集 岡江多紀『夜はシルクの肌ざわり』/岡江多紀
  • 官能文学電子選集 川上宗薫『肌色あつめ』/川上宗薫
  • 官能文学電子選集 団鬼六『新・修羅の花道』/団鬼六
  • 官能文学電子選集 睦月影郎『聖泉伝説』/睦月影郎
  • 高橋和巳・高橋たか子 電子全集 第6巻 高橋たか子 小説3『空の果てまで』ほか/高橋たか子