100万人組織「日本大学」の解剖

100万人組織「日本大学」の解剖

編/週刊ポスト編集部

本体200円 + 税

読む

内容紹介

「日本大学」の知られざる組織・ヒト・カネ・歴史に迫る。アメフト「悪質タックル問題」の源流は、そこにあった──。

アメフトの「悪質タックル問題」で、責任逃れにも見える対応を続けてきた日本大学。同大学があくまでも内田正人・アメフト部前監督をかばおうとし、学内からも批判の声が上がらなかった理由を探っていくと、その特殊な組織・ヒト・カネ・歴史に行き着く。
なぜ日大は“国名”を冠した「日本大学」を名乗ることができたのか。なぜ卒業生100万人超を擁する巨大組織へと成長したのか。内田氏が監督を辞任して以降も「常務理事」の座からなかなか離れようとしなかったのはなぜか。どうして相撲部監督が理事長にまで上り詰めたのか。日大の教職員組合が経営陣の刷新を求める要求書を明らかにする中で、「報復人事の恐れがある」とまで言及したのはなぜなのか。
悪質タックル問題の深層は、「日大アメフト部」だけを見ていてもわからない。日本一の学生数を誇る「日大」という巨大組織が抱える宿痾が、思わぬところから白日の下に晒された──それがこの問題の真実なのではないか。
本書は、週刊ポストに掲載され大きな反響を呼んだ「日本大学の解剖」シリーズ(第1弾〜第4弾)に加筆・修正したものである。

同じジャンルの書籍から探す

浅草弾左衛門 第三巻 (幕末躍動篇・上) TOKYOオリンピック物語 猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第7巻 欲望のメディア 「激動の世界をゆく」大越健介取材ノート 怒らないクスリ 専門医が語る、心が楽になる処方せん(小学館101新書) 夜回り先生と夜眠れない子どもたち 希望という名のアナログ日記 戦中派動乱日記 国を愛する心(小学館新書) 上を向いて歩こう 奇跡の歌をめぐるノンフィクション アタラシイ女子の光! 早稲田と慶應の研究(小学館新書) 太平記鬼伝—児島高徳 日本のことは、マンガとゲームで学びました。 市議会議員に転職しました。 ビジネスマンが地方政治を変える 兵士を見よ

ことわざ&四字熟語

抱腹絶倒 鮑の片思い 君子の九思 塞翁が馬

文芸

全て見る

新書

全て見る

実用

全て見る

ビジネス

全て見る

「オススメ」ランキング

  1. やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13

    渡 航(著)ぽんかん8(イラスト)
    本体630円+税

  2. 下町ロケット ヤタガラス

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤
    本体1350円+税

  3. 下町ロケット ゴースト

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤
    本体1350円+税

  4. サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    サカナとヤクザ ~暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う~

    鈴木智彦
    本体1440円+税

  5. 最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 3

    あまうい白一(著)泉 彩(イラスト)
    本体1200円+税

次回配信の予定

2021 5/13 木曜日
  • P+D BOOKS 金環蝕(下)/石川達三
  • P+D BOOKS つむじ風(上)/梅崎春生

2021 5/14 金曜日
  • ロック絶対名曲秘話6「ユー・リアリー・ガット・ミー」/岩田由記夫